ワードローブのサステイナブルな断捨離方法と収納の秘訣

断捨離が最初にブームになったのは、2010年。

近年は終活やミニマリストの増加で、断捨離ブームが再来しています。

そこで前回、断捨離に失敗しないための、事前に行う3つのポイントについて、お伝えしました。

①現在の服の数を確認する

②何着必要なのか?試算する

➂持ち服の目標設定を100着にする

事前に数値化する事で、感情に惑わされず断捨離がスムーズに進められます。

 

※前回の記事に関しましては

失敗しないワードローブの断捨離!事前に行う3つのポイントは?

をご覧ください

 

そこで今回は、具体的なワードローブのサステイナブルな断捨離方法と、収納の秘訣をお伝えしたいと思います。

”ワードローブのサステイナブルな断捨離方法と収納の秘訣”

ワードローブに残す服は?

前回、服をアイテムとシーズンごとに分けて、枚数を確認しました。

ワードローブに残す服は

①1週間~10日に1回は着る服

頻繁に着る服は、今の貴方にとってのマストアイテムだからです。

スポーツ選手なら一軍、アイドルグループなら最前列の服です。

 

②貴方に似合う定番の服

流行に左右されない、コーディネートしやすい服

白いシャツや無地のTシャツ、春夏・秋冬などで着られるカーディガン、レザージャケット、トレンチコートなど

安定感のあるアイテムは、貴方のワードローブのソウルメイトです。

 

手放す服は?

手放す服は

「着ない・着られない・似てる服」

①買ってから一度も着ていない服

買ったことすら忘れている服など、今後も着る事はないでしょう。

 

②1年以上、一度も着ていない服

1年着なかったら、来年も着る事はないでしょう。

 

➂体型が変って着られなくなった・痩せたら着る服

いつか着るだろう…

いちばん断捨離の妨げになります。

 

④似たテイストの服

同じような服は、ひとつに減らしましょう。

 

手放す服はサステイナブルに!

処分する服も

一度は可愛い!素敵!手に入れたい!そう思い貴方の元にきました。

捨てる以外の方法も、エシカルに考え、送り出してあげましょう。

 

きれいな服やブランドであれば、フリマアプリや買取りのリユースショップなどに、出品しましょう!

環境に配慮した、サステイナブルな循環型社会に貢献する事ができます。

 

循環型社会に関しましては

フリマアプリと循環型社会の関係とは?

をご覧ください

 

また、思い入れのあるものや受け継いでほしいものは、アップサイクルすのも、サステイナブルな行動です。

それでも、行き場のない服は行政の定めた方法で、回収してもらいましょう。

 

アップサイクルに関しましては

世界が注目!アップサイクルファッション

をご参考下さい。

 

そして、年に数回しか着ない冠婚葬祭などのドレスや喪服などは、今後レンタルを利用するのもお勧めです。

※airCloset×ABLE(エアークローゼット エイブル)

http://aircloset.able.co.jp/

 

※礼服のレンタル.com

https://www.reifuku-rental.com/

 

断捨離で服を減らすと、自分にとって本当に大切なもの、必要なものに気づきます。

ワードローブは、貴方の生活スタイルや価値観が顕著に表れるセレクトスペース。

服の数を持っているのが、オシャレなのではありません。

少ない量でも、上手に着回しできるのは、自分に合ったファッションを熟知しているからです。

 

それでは最後に、収納のポイントをお伝えします。

収納のポイントは”3つの並べ方”

イメージは、ブティックのディスプレイです。

ブティックでは、お客様に見やすく、手に取りやすいなどを考慮し陳列されています。

次の3つの並べ方を意識して、ワードローブに収納していきましょう。

①長さの順番で並べる

ラックにかける服は、長さの短い服から順番に手前から並べましょう。

 

②たたみ方をそろえて並べる

たたむ場合は、服の幅をそろえて並べましょう。

 

➂色別に並べる

薄い色から濃い色、グラデーションでそろえて並べましょう。

 

そして、服のソーシャルディスタンスも重要です。

余裕をもって並べると見やすくなり、高級感が出ます。

また、服がすれて毛玉になったり、シワになるのも防げます。

 

今後は、1着購入したら1着処分する事を、心掛けてください。

毎シーズン、断捨離する事も無くなり、サステイナブルなワードローブを保つ事ができます。

 

今回は、具体的なワードローブのサステイナブルな断捨離方法と、収納の秘訣をお伝えしました。

 

また断捨離やワードローブの服のコーディネートは、プロにお任せしたい!

という方は、ワードローブプランナーに依頼してみましょう!

ご自宅に出張や、オンラインでお持ちの服を最大限に生かしたコーディネートも提案してもらえます。

まとめ

ワードローブに残す服

①1週間~10日に1回は着る服

②貴方に似合う定番の服

手放す服

①買ってから、一度も着ていない服

②1年以上、一度も着ていない

➂体型が変って着られなくなった、痩せたら着る服

④似たテイストの服

収納のポイント

①長さの順番で並べる

②たたみ方をそろえて並べる

➂色別に並べる

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です