人気の高級ダウンジャケット!ブランドの歴史と特徴

冬になると欲しくなるのが、ダウンジャケット。

その中でも、大人の女性に人気の高い、3つのブランドの歴史と特徴について解説しています。

長く愛用できる1着を見つけて、寒い冬を暖かく過ごしてくださいね!

 

※ダウンジャケットの素材に関しましては

ダウンジャケットを購入する前に知っておきたいこと

をご覧ください

人気の高級ダウンジャケット!ブランドの歴史と特徴

モンクレール(MONCLER)

モンクレールは1952年に、フランスのグルノーブル郊外、モネスティエ・ド・クレルモンで創業(現在はイタリア)

テントなどの登山用品を手掛ける企業としてスタートしました。

その後、フランス人で初めてヒマラヤ登頂に成功した登山家、リオネル・テレイをアドバイザーとして迎え、ダウンウエアの開発を始めます。

1954年、ブランド初となるダウンジャケットを、イタリアのカラコルム登頂隊が採用。

その優れた機能性は、世界の登山隊の間で評判となり、絶大な支持を集めます。

 

1960年代前半には、スキーウェア部門も展開。

1968年に、地元グルノーブルで開催された冬季オリンピックでは、フランス代表選手のウエアに採用されます。

このオリンピックをきっかけに、フランスの国鳥である「オンドリ」が、モンクレールのシンボルマークとなり、商標登録されました。

そして、フランス国旗と同じ赤・青・白のトリコロールカラーで洗練されたロゴは、世界中に知れ渡ります。

 

1980年代には、世界中のセレクトショップなどで販売。

保温性があり、高品質なダウンジャケットは、ファッションアイテムとしても、人気も博していきます。

ちなみに日本では、2005年にCMで、モンクレールの「エベレスト」を人気俳優が着用したことで、話題を集めました。

 

 

モンクレールのダウンの特徴は?

モンクレールのダウンジャケットは、最高級のホワイトグースの産毛を使用。

フランスの規格協会(ANFOR)のキャトル・フロコン(4Flocons)にも認定されています。

ダウンジャケットの各部位に使用する羽毛の量は、グラム単位で厳密に決められいて、一着ずつ職人によって製造するため、大量生産ができません。

またシルエットを計算して、ダウンの分量を調整し、身体に沿ったタイトなシルエットを出しています。

袖にはラグラン線のような切り替えが入り、ダウンの膨らみを保つことで肩のラインをしっかりと出し、保温性能を高める工夫が、取り入れられています。

生地にも工夫があり、ダウンフェザーが漏れ出る”ダウン抜け”を防ぐ方法として、織物加工が採用されています。

縦糸と横糸を密集させて織り込む、高密度織物にすることで、内側からのダウン抜けを防ぎ、長年使っても傷まない耐久性を実現しています。

 

https://store.moncler.com/

ヘルノ(HERNO)

ヘルノは1949年、イタリア北部のピエモンテ州のレーザで創業。

レーザは、マジョーレ湖が広がり夏は暑く、冬は寒くて雨が多い気候。

創業者は、そんな厳しい環境からインスピレーションを受け、機能的で技術的に優れたレインコートの製造・販売を始めます。

このヘルノが販売した、レインコートは、思惑どおりの大ヒット。

1960年代には、カシミアのコートやジャケット、ドレス、スーツなどを、次々に展開していきます。

そのスタイルやディテールは、多様性が高く評価され、ヨーロッパで輸出を拡大。

1971年には、日本の大阪にフラッグシップをオープンします。

1980年代には、アメリカに進出。

2012年には、ゴア社とのパートナーシップにより、ゴアテックスなどの高機能素材を使用した、新コレクション「ラミナー」発表します。

ヘルノの仕立ての良さと、優れたクラフトマンシップは、やがて世界の一流ブランドからも高く評価されるようになります。

そして現在では、百貨店や高級セレクトショップなどでも販売されています。

ヘルノのダウンの特徴

ダウンジャケットというと、スポーティーなイメージが強いのですが、ヘルノのダウンには、エレガントな雰囲気が漂います。

その要因は、華美な装飾を省き、シンプルに徹しているから。

ヘルノでは、シャープなシルエットと上質な素材使いで、上品な雰囲気を出しています。

 

また、ダウンは通常、袋に羽毛を詰めたダウンパックを注入して作られています。

しかし、ヘルノではこのダウンパックを使用せず、直接ダウンを入れ込み縫製。

ダウンパックがないことで、軽量かつ着膨れして見えない、すっきりとしたラインになるからです。

この縫製は、縫い目からダウンが出てきてしまう恐れがあるため、高度な技術が問われます。

ヘルノのダウンジャケットは、高い縫製技術の職人によって作られ、軽くてエレガントな着心地と高い保温性が特徴です。

https://www.herno.it/

タトラス(TATRAS)

タトラスはイタリア、ポーランド、日本の3カ国の企業によって、2006年に設立されたブランドです。

ブランド名の「TATRA」はポーランドのタトラ山から取っています。

ブランドコンセプトは「機能的・洗練性・唯一無二」

これらのテーマを3つのクロスとして、ブランドロゴに採用しました。

企画されるアイテムも、このコンセプトに基づいた造形美を追求しています。

 

デザインを行っているのは、イタリアのフリーランスのデザイナーや、プロのデザインチームなど。

特定のひとりのデザイナーがいるわけではなく、世界的なネットワークを駆使してアイテムの開発を行っています。

 

タトラスは、直営店をイタリア・ミラノに構えていますが、それ以外は世界の有名セレクトショップで販売しています。

ちなみに、日本のエストネーションと限定アイテムを発売するなど、タトラスはコラボレーションも積極的に行っています。

 

タトラスのダウンの特徴は?

タトラスのダウンは、ポーランド産のホワイトグースを使用しているので、暖かさが抜群。

ポーランドはヨーロッパの中でも、優れたダウンの産出国です。

寒暖差が激しく、広大な農場で育てられているので、ダウンボールが大きく、綺麗な白さが特徴。

また、マシンピックではなく、人の手により生きたままの状態で採取するので、ダウンボールを壊すことなく品質も安定しています。

自然のままの形状なので、多くの空気を含み、保温性にも優れています。

タトラスは、タウンユース向けに作られたブランドなので、お洒落でスタイリッシュなデザインが特徴ですが、機能性や品質にもこだわっているのが魅力です。

https://tatrasconceptstore.com/

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です