大人のファッションブランドアイテム|品格ウォッチ編

大人のファッションブランドアイテムの第2弾。

今回は”品格ウォッチ編”です。

現代は携帯電話の普及で、時間を見るアイテムとして腕時計を購入する人は減少。

様々な機能を搭載した、スマートウォッチなどが支流になってきています。

一方で歴史や繊細な匠の技の詰まった、アンティーク時計や高級機械式時計。

個性を象徴するファッションアイテムとして、希少性の高い物ほど、人気が高まってきています。

 

本物志向の腕時計は、知識や経験を重ねた魅力的な女性だからこそ似合うもの。

今回はアラフォー世代にお勧めの、品格あるウォッチをご紹介します。

”大人のファッションブランドアイテム|品格ウォッチ編”

カルティエ(cartier)

カルティエの創業者はルイ=フランソワ・カルティエ

1847年、彼が28歳の時にフランス・パリに宝飾工房をオープンさせます。

創業者カルティエは、デザイナー兼職人としての技術を持ち合わせた人物でした。

また、数多くの王侯貴族を顧客にするなど、ビジネスマンとしての才覚もあったと言われてます。

 

腕時計を製造する事になったのは、創業者の孫で3代目代表、ルイ・カルティエの時代です。

当時親交のあった、ブラジルのコーヒー王の息子で、世界的な飛行家のアルベルト・サントス。

彼から「飛行中でも、操縦桿から手を放さずに使える時計が欲しい」と打ち明けられます。

当時の飛行機の操縦桿は大変重く、支流だった懐中時計では、取り出して蓋を開ける作業が困難だったのです。

そこでルイ・カルティエは、以前より興味のあった、腕時計の製作に取りかかります。

1904年、レザーストラップの腕時計が完成。

プレゼントされたサントスは、その腕時計で、パリの社交界へ。

オシャレで有名でもあった彼が身につけると、腕時計はすぐさま話題になります。

1911年、実用的で優美性も備えた腕時計は「サントス」と名付けられ、一般向けにも販売。

カルティエは、腕時計の分野においても、知名度を高めていきます。

 

1919年には、現在でも人気のタンクシリーズを発売。

第一次世界大戦の終結に貢献したフランスの、ルノー製の戦車を参考に、ケースのデザインをしています。

平和への願いも込めて、戦車を意味する”タンク”という名前になりました。

発売から約120年経ちますが、初期のデザインからほぼ変わらず、多くの人々を魅了し続づけています。

 

そんなタンクシリーズのお勧めは、画像の

「タンク ルイ カルティエ」 WGTA0010

SM、18Kピンクゴールド、スティール、レザー

¥1,166,400(税込)

ルイカルティエ自身が愛用していたデザイン。

ベゼルは丸みのあるラインが女性らしく、18Kピンクゴールドは、日本人の肌に馴染むカラー。

リューズには、天然石のサファイアを使用しています。

カルティエの腕時計が長年人気なのは、流行にとらわれない、洗練されたデザインだから。

トレンドだけに流されない、アラフォー世代のファッションには、必需品になるでしょう。

 

1993年、カルティエはスイスを代表するラグジュアリーブランド企業のリシュモンの傘下に。

リシュモンの代表格として、世界中で愛され続けるブランドです。

 

ラグジュアリーブランドに関しましては

ラグジュアリーブランド企業の世界

ご覧ください

ジャガールクルト (JAEGER LECOULTRE)

3ブランドの中では、一番歴史あるブランドで創業は1833年。

創業者のアントワーヌ・ルクルトがスイスのル・サンティエで、小さなアトリエを開きます。

ル・サンティエ地域は、名門時計ブランドが集まるエリア。

 

アントワーヌ・ルクルトは、時計職人であり時計造りに必要な、工作機械も手がける発明家でもありました。

特に質の高いムーブメントの技術は評判で、1900年まで350種類以上のムーブメントを作っています。

1902年からの約30年間は、世界3大時計で有名なブランド

「パテックフィリップ」「オーデマピゲ」「ヴァシュロン・コンスタンタン」等のムーブメントを手掛けました。

 

創業以降、1242種類以上のキャリバーを製造。

約400件の特許を取得、数百種類の発明も成しています。

ジャガールクルトは自動車に例えると、特にエンジン部分にこだわるような、愛好家が多いのも特徴。

日本人女性には、渋いオジサマ御用達ブランドのイメージが強いかもしれません。

 

しかし、画像の芸術性と機能性が調和したジュエリーウォッチは、お勧めです。

「ランデヴー・ナイト&デイ・スモール」     REF.3468430

ステンレススチール、29MM、自動巻き、ダイヤモンド、レザー

¥1,458,000(税込)

2012年に登場したモデル。

華やかで煌めくダイヤモンド、ギョーシェ彫りが美しいデザインです。

昼は太陽で夜は月とそれぞれの時間帯を、愛らしい絵柄で表すデイ&ナイト表示には、遊び心もあります。

針の色と合った、ブルーのレザーベルトがエレガント。

パーティシーンに活躍しそうな逸品ですが、カジュアルスタイルにもマッチします。

 

フランクミュラー(FRNK MULLER)

創業者のフランクミュラーは、1958年生まれ。

幼いころから機械に強い興味をもっていたフランクミュラー。

ジュネーブの時計学校に進学し、通常3年で履修する単位を、1年で修得します。

数々の賞も受賞し、スイスの時計業界からは様々なオファーもありました。

しかし、卒業後は独立時計師としてオーダーメイドによるオリジナル時計の製作。

また時計コレクターや、博物館から依頼された、機械式時計の修理なども手がけていました。

 

1986年数人の時計師と共に、スイスのジャントゥという村に、最初の本拠地となる創作工房を構えます。

工房では世界初で話題になった「フリー・オシレーション(自由振動)トゥールビヨン」や

ジャンピングアワー機能の付いた、レギュレーター・タイプの文字盤を持つ

「トゥールビヨン1086」や「パーペチュアルカレンダー」など

次々と複雑機構を発表し、その実力と才能は世界的に知れ渡ります。

 

1992年には、フランク ミュラー自らの会社を設立。

ブランドの誕生と共に開発された、トーノケース(樽型)と、ビザン文字のデザインは、多くのモデルにも採用されます。

誰もがフランクミュラーの時計だとわかる、独創的なデザインと斬新なアイデアが特徴。

高い技術力があり、数々の名品も生み出しています。

歴史や技術を重んじる時計業界で、わずか20年で上りつめた、フランクミュラー。

彼自身の哲学には

「人生で挑戦するのに、年齢なんて関係ない。そもそもこの世に時間などない。それは人間が勝手に作ったものだ」

腕時計の誕生は便利さと代償に、人間の本来自由であるべき時間を、奪ってしまったのかも知れません。

時間に縛られている現代人こそ、好きな事に没頭したり、何も考えずにゆったりと過ごす・・・

フランクミュラーの遊び心のある腕時計には、そんな思いも込められているのでしょう。

 

フランクミュラーのお勧めウォッチは、画像の

「ロングアイランド レディース アンサンブル」902QZRELV R

18Kピンクゴールド、クロコダイルストラップ ¥1,328,400(税込)

ロングアイランドは、種類も豊富でフランクミュラーを代表するシリーズ。

アンティーク調のマットゴールドなケースは、絶妙に湾曲していて腕へのフィット感が抜群。

ビザン数字とローマ数字が、放射線上に広がる美しいデザイン。

カラフルで華やかなデザインが多い中で、控えめで上品なスタイルです。

ブラックやブラウンなどの、シックなレザーベルトに変えれば、ビジネスシーンにもOKです。

 

今回は3ブランドの品格ある、お勧めウォッチをご紹介しました。

どのブランドにも歴史や個性があり、その魅力は様々。

自身の時間の積み重ねが、魅力として滲み出てくるのがアラフォー世代。

人生を共に刻む、素敵な”ウオッチを見付けてくださいね!

 

※高級ブランド時計を、購入する前に試してみたい方におススメ!

ファッションの人気サブスクリプションとは?

をご覧ください

レザーウォッチのお手入れ&メンテナンス

1.レザーバンドは水がかかったり、汗をかいた時には、すぐに吸湿性の良い乾いた布で、水分を吸い取るように軽くふいて下さい。

2.電池切れした場合は、速やかに電池交換をして下さい。(電池の寿命は約3年)

切れた電池をそのまま放置して置くと、酸化してムーブメントにダメージを与える恐れがあります。

3.機械式時計もクオーツ時計も、長年使用していると部品が劣化します。

3年に1度はオーバーホール(分解掃除)される事を、お勧めします。

 

ご紹介した腕時計は、お手入れやメンテナンスを行っていれば、100年以上使用できます。

品格アイテムを長く愛用するには、日々のお手入れや、メンテナンスも重要です。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です