ラグジュアリーブランド企業の世界

高級ファッションブランドと言えば、どんなブランドを思い浮かべますか?

ルイヴィトン・クリスチャンディオール・グッチ・フェンディなど。

伝統とクオリティーの高さで、世界中で愛され、ラグジュアリーブランドとも呼ばれています。

ちなみにラグジュリー(Luxury)とは、高級や贅沢、豪華という意味です。

これらのブランドが、世界を代表するコングロマリット(複合企業)の傘下であることはご存知ですか?

高級ブランドを傘下に置く、世界3大ラグジュアリーブランド企業について、今回解説してみたいと思います。

”世界NO.1ラグジュアリーブランド企業は?”

モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)

世界のラグジュアリー企業の代表格と言えば、フランスのパリに本拠地を置く

モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)です。

1987年に設立され、現在では約70のブランドを保有しています。

2018年の通期決算も好調で、前期比9.8%増の468億ユーロ(約5兆8032億円)の売上高でした。

 

具体的にどんなブランドが、傘下にあるのかを見てみましょう。

旅行用トランクの製造から始まった、ルイヴィトンをはじめ、クリスチャンディオールやフェンディ、セリーヌなど。

伝統もあり、ユニークで洗練された、ファッション業界をけん引する一流ブランドの数々。

また、日本を代表するファッションデザイナーで先駆者の高田賢三。

彼が創業し、世界で人気を博したブランド、ケンゾー(KENZO)も1993年から、LVMHの傘下にあります。

 

高級ジュエリーでは、ブルガリやショーメ、時計のタグ・ホイヤーなど。

化粧品や香水などを扱っている、セフォラ「SEPHORA」や、海外の免税店「TギャラリアbyDFS」も傘下です。

 

そして合弁し社名にもなっている1743年創業の、老舗シャンパンメーカーモエ・エ・シャンドン(MOET&CHANDON)

シャンパンの生産量や出荷量は、世界でも最大規模を誇ります。

有名な高級シャンパンブランドの、ドン・ペリニヨンも製造しているメーカーです。

もっとも早く日本でシャンパンを浸透させ、世界一有名なシャンパンメーカーとも言えるでしょう。

この他のお酒では、コニャックのヘネシー、ウイスキーのグレンモーレンジィやアードベッグなど。

お酒好きの方なら、ご存知の銘柄ばかりです。

LVMHは伝統やブランドイメージを大切にしながら、多種多様なグローバル企業として、成長し続けています。

 

※LVMHに関しましては

LVMH会長兼CEOのベルナール・アルノーとは?

をご覧ください

 

ケリング(KERING)とは?

LVMHと同じくフランスのパリを本拠地とし、創業は1963年のファッション業界大手企業のケリング(旧PPR)

1999年にグッチを買収してから、イヴサンローラン、ボッテガヴェネタ、バレンシアガなどを傘下に持っています。

高級宝飾品では、1858年創業の老舗のブシュロンやポメラート。

 

2007年には、53億ユーロ(約8480億5300万円)でドイツのスポーツブランド、プーマも買収しました。

しかし近年は、ラグジュアリーに注力するとの方向性を示し、プーマの株の保有比率を86.3%から16%まで、引き下げています。

 

2018年12月のケリングの通期決算の売上高は、前年比26.3%増の136億6520万ユーロ(1兆6944億円)

特にグッチは好調で、売上高を1年で28億ユーロ(約3472億円)も伸ばしました。

老舗ブランドの多いラグジュアリーセクターの中で、類のない成長率で話題の企業となりました。

リシュモン(RICHE MONT)とは?

ラグジュアリーブランド市場において、スイスを拠点とするリシュモン。

設立は1988年で、高級宝飾ブランドの、カルティエやヴァンクリーフ&アーペル。

服飾ではクロエやダンヒルなどが、傘下にあります。

 

しかし、この企業の最大の特徴は、スイス製品を代表する、高級腕時計が傘下に多い事。

世界三大腕時計の一つと称される、ヴァシュロンコンスタンタンに、IWC、ボール&メルシェ、ピアジェ、ジャガールクルトなど。

 

※カルティエ、ジャガールクルトに関しましては

大人の品格ファッションアイテム|ウォッチ編

をご覧ください

 

リシュモンの売上げの約半分は、高級時計。

スウォッチに次いで、世界第2位のシェアを誇ります。

万年筆やボールペンで有名なモンブランも、傘下になった事で1997年より腕時計の販売を始めました。

 

リシュモンは、時計に代表される特殊な技巧や精密さなど、他国にはできない付加価値で、長年事業を展開してきました。

華やかに見える業界ですが、着実に製品技術やブランド価値を高め、独自路線で成長し続けています。

 

そして、ラグジュアリーブランド中でも、確固とした独立経営を貫いているブランドもあります。

馬具工房として1837年創業されたエルメスや、シャネル、ティファニー、ロレックスなど。

どれも人気有名ブランドですから、常に買収やM&Aの標的にされています。

 

※ティファニーに関しましては

大人の品格ファッションアイテム|ジュエリー編

をご覧ください

 

ラグジュアリーブランドの多くは、ヨーロッパが発祥です。

なぜ、ヨーロッパにラグジュアリーブランドが多いのか?

国民の芸術や技術に対する意識が、非常に高いからです。

ヨーロッパの街並みを見てもわかりますが、歴史的建造物や文化が長年守られています。

ラグジュアリーブランドは、高価な物を所有するステータスだけを、発信しているのではありません。

芸術や文化の集合体として、常に製品の価値を高めています。

オリジナリティーもなく、低価格で競い合う製品には、いずれ陰りが見えてくるでしょう。

しかし本当に良い製品なら、歴史や信用と共に、付加価値や希少価値も生まれます。

 

現在、世界各国をはじめ、日本に56店舗を構えるルイヴィトンにも、苦難の時代がありました。

第二次世界大戦争の影響で、海外の店舗が閉鎖に追い込まれます。

国内の営業も、パリとニースの2店舗のみです。

そんな状況下の1978年、海外1号店として出店したのが日本でした。

”なぜ、日本だったのでしょう?”

ルイヴィトンの製品には、古くから日本との深い繋がりがありました。

市松模様をイメージしたダミエや、日本の家紋からインスピレーションを受けて作製されたとされる、モノグラム。

品質のみならずストーリー性のあるブランドイメージが、日本人の心を掴みました。

その後の10年間でルイヴィトンは、日本での出店数を増します。

一時期は売上の約半分が、日本人で占めるまでになりました。

ルイヴィトンは、日本で愛され成長した、ラグジュアリーブランドと言ってもよいでしょう。

 

※ルイヴィトンに関しましては

大人の品格ファッションアイテム|バッグ編

をご覧ください

 

 

日本には 現在、100年以上続く老舗企業が、全国に 約3万 3000社あります。

これは他国と比較しても、圧倒的に多い数字です。

しかしグローバルな、ラグジュアリーブランドが少ないのが現状です。

まず他国に比べ、国民の芸術と技術を育む環境が、足りないと言われています。

また高品質な物作りだけではなく、購買意欲を掻き立てるストーリーも、世界に発信していくことが重要です。

 

今回は、ラグジュアリーブランド企業の世界について、解説してみましたがいかがでしたか?

 

まとめ

ラグジュアリーブランド企業は、膨大な資金で、広告宣伝やマーケティングを行い、伝統や技術を継承しながら成長し続けています。

日本でも、ラグジュアリーブランドを育てるには、国民の芸術や文化を継承させていく意識が大切。

品質だけではなく、心を掴むようなストーリーや、インパクトのあるモノづくりも重要です。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です