LVMH会長兼CEOのベルナール・アルノーとは?

2019年11月、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)がアメリカのティファニーを162億ドル(約1兆7496億円)で買収。

ファッション業界、史上最高額での買収のニュースに、世界に衝撃が走りました。

LVMHの会長兼CEOはベルナール・アルノー。

ティファニーの買収によって、世界の資産家ランキングで

1位アマゾンCEOのジェフ・ベゾス

2位マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ

に次いで3位にランクインし、その人物像にも関心が高まっています。

そこで今回は、一代でブランド帝国を築いた、ベルナール・アルノーについて深堀してみたいと思います!

 

ティファニー買収につきましては

2019年のファッションニュースランキング

をご覧ください

”カシミアを着た狼”

ベルナール・アルノーとは?

アルノーは、ラグジュアリーブランドのグローバルリーダーであり”フランス・ファッション界の帝王”と呼ばれています。

しかし、冷徹かつ攻撃的な、経営姿勢や買収戦略から”カシミアを着た狼”との異名もあります。

映画”プラダを着た悪魔”のモデルになった「VOGUE」編集長 アナ・ウィンターみたいですよね。

 

ラグジュアリーブランドに関しましては

ラグジュアリーブランド企業の世界

をご覧ください

アルノーは、1949年生まれ

フランス北部出身の、現在71歳です。

家族は、奥様と5人のお子さんがいます。

若い頃は、ピアニストを目指していましたが、やがて祖父の起業した建設会社を継ぎます。

その後アメリカに移り住んだある日、ニューヨークのタクシー運転手に、アルノーは尋ねます。

「フランスの大統領を知ってる?」

運転手は

「大統領は知らないけど、クリスチャン・ディオールなら知ってる」

と答えたそう。

この何気ない会話が、現在のLVMHを生んだとアルノーは語っています。

一国の大統領よりも、影響力のあるラグジュアリーブランドに、興味を抱いたのかも知れません。

 

その後の1984年、フランスに帰国。

売りに出ていたクリスチャン・ディオールを保有していた、マルセル・ブサック・グループを、自身の不動産業を担保に、買収します。

そして、次に目をつけたのが、LVMHが経営権をもっていた、ディオールの香水部門。

ヴィトンとモエのトップが争っている事を知ったアルノーは、ヴィトンのトップと手を組み、モエのトップを追放します。

しかしその後は、ヴィトンのトップも、退任に追い込んでいくのです。

最終的にアルノーがLVMHの筆頭株主となり、支配権を握りました。

このような巧妙な手口が”カシミアを着た狼”と呼ばれる由縁かも知れません。

 

この買収で拍車のかかったアルノーは、様々な欧州のトップブランドを、次々に買収していきます。

2011年に話題となったのが、イタリアを代表するジュエリーブランドの「ブルガリ」

その後は、有名ホテルや豪華列車のオリエントエキスプレスなども買収。

LVMHは現在75のブランドを、傘下に収めています。

LVMHの代表的なブランドを見てみましょう

服飾・レザー

ルイ・ヴィトン ・セリーヌ

ロエベ ・クリスチャン・ディオール

フェンディ ・ケンゾー

ジバンシー ・リモワ

ロロピアーナ ・エミリオ・プッチ

時計・ジュエリー

ブルガリ ・ショーメ

ウブロ ・タグホイヤー

ワイン・スピリッツ

モエ・エ・シャンドン

クリュッグ

ヴーヴ・クリコ

ドン・ペリニヨン 

ヘネシー

オールドパー

ジョニーウォーカー

その他

セフォラ

ディー・エフ・エス

チプリアー二ホテル

オリエントエキスプレス

ブランドの店舗数は、世界68カ国に4590店舗あります。

今でもアルノー自身が、月に1度は自家用ジェットで店舗に足を運び、ディスプレイをチェックして販売員に提案したりしています。

LVMHの株価と業績は?

LVMHの会長に就任してから30年経ちますが、同グループは毎年増収増益を記録。

株価もこの4年で3倍近くに跳ね上がりました。

しかしアルノーは「LVMHの時価総額は、2140億ドル。まだまだソフトウエアの巨人の、1.1兆ドルには及ばない」と語っています。

2140億ドルと言えば、フランス企業史上最大の時価総額。

欧州の中では、スイスのネスレとロッシュ、オランダのロイヤル・ダッチシェルに次ぐ、4位に君臨しています。

 

アルノーの後継者問題も気になりますが、すでに5人の子供のうち4人がLVMHで働き、手腕を発揮しています。

 

最後にアルノーはブランドについて

「ブランドを愛している人を裏切らないという約束。顧客との信頼がなにより大切」と語っています。

どんなに優れた製品であっても、ファンとの信頼関係がなければ、継続する事はできません。

カシミアを着た狼は、そんな本質を誰よりも、熟知しているのかも知れませんね。

 

今回はベルナールアルノーについて、深堀りしてみましたがいかがでしたか?

ラグジュアリーブランドの戦い、LVMH帝国の今後の動向にも注目していきたいと思います。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です