ファストファッションからスローファッション志向へ

2008年のリーマンショック以降、ZARAやH&Mなどのファストファッションが世界を席巻してきました。

しかし近年、ファストファッションとは対極的でエシカルな「スローファッション」への意識が高まっているのをご存知でしょうか?

今回は、スローファッションについてわかりやすく解説してみたいと思います!

※エシカルファッションにつきましては

エシカルファッションとは?

をご覧ください

ファストファッションからスローファッション志向へ

スローファッションとは?

スローファッションとは

流行に左右されず『良質なものを長く大切に着続ける』という考え方です。

自分にとって本当に必要なもの、似合うものだけを購入し、お手入れやリペアをしながら愛用する価値観。

具体的にファストファッションとは、どう違うのでしょう?

ファストファッションとスローファッションの違いは?

ファストファッション、スローファッションの主な特徴をまとめてみました。

ファストファッション    

服のサイクルが短い

流行のファッション

低価格で販売

大量生産・大量廃棄

化学繊維が多い

消費者はシーズンが終わったら廃棄する

スローファッション

服のサイクルが長い

定番ファッション

販売価格は少し高め

適量生産

高品質

天然繊維や再生繊維

消費者はお手入れやリペアをしながら長く愛用する

 

私たちはファストファッションによって、流行のファッションを手ごろな価格で、楽しむ事ができるようになりました。

しかしその一方で、製造工程での環境汚染や、過酷な労働環境などが、大きな社会問題になっています。

スローファッションは、ファストファッションの問題に疑問をもった、生産者、消費者から生まれた服に対する価値観です。

 

そして、スローファッションへの意識が、新型コロナの流行によって高まっているとの、調査結果も発表されています。

新型コロナの流行で、スローファッションへの意識が高まる

※出典元:エステー株式会社調べより

こちらは、消臭剤、防虫剤などを販売するエステー株式会社が、2020年9月に実施した20歳~59歳の男女603名への「衣類への価値観に関する意識調査」です。

「衣類に対する価値観で最も強く当てはまるものをお選びください」という質問では、コロナ前とコロナ後それぞれについて回答してもらうと

コロナ後は「長く着られるようなお気に入りの服を少しだけもちたい」と考える人が増えていることが判明。

また、従来のファストファッション志向の「安くても服をたくさんもちたい」や「流行の服をそろえたい」といった価値観は、減少していることが明らかになりました。

続いて、服を長く楽しむという意味で使われる「スローファッション」を取り入れたいと思うか質問をしたところ

20.6%が「既に取り入れている」と回答。

36.7%が「今後取り入れていきたい」と回答しました。

コロナ禍で、スローファッションへの関心が高まっていることがわかります。

新型コロナで新しい生活形式になり、出かける機会も少なくなったことで、人に見られるより、着心地の良さや、自分にとっての「お気に入り」を求める意識が高まったと考えられます。

環境省もスローファッションを推奨!

一着を長く着るために品質を重視し、価格に見合う価値ある商品を購入しましょう。

私たちの衣類の購入単価は年々下がっていますが、同時に着用期間も短くなっています。

消費者は「長く着られる品質を選ぼう」と提案しています。

 

今回はスローファッションについて解説してみましたが、いかがでしたか?

「安くておしゃれな服がたくさん欲しい!」

ファストファッションも、私たちの欲望と価値観が生み出したファッションです。

時代は今、大きな変換機にきていると言われています。

あなたの服への価値観も、見つめ直してみませんか?

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です