エシカルファッションとは?

”エシカル”という言葉をご存知ですか?

エシカル(Ethical)は日本語で「倫理的な」や「道徳上」といった意味です。

私たちがこの地球上で生きるには、あたり前のように物を食べたり、衣服を購入したりしますよね。

しかしその商品が、必要以上に環境破壊をしていたり、劣悪な労働条件の下で生産されていたら・・・

あなたはどう思いますか?

社会的な問題を倫理的に考え、選択したり消費するのがエシカルです。

世界ではファッションの分野でも、エシカルな考えに注目が集まっています。

そこで今回は、エシカルファッションについて解説したいと思います。

”エシカルファッションとは?”

環境や労働問題に配慮したファッション

近年、オシャレで低価格なファッションが増えたと思いませんか?

私たちが豊かになった一方で、ファッション業界では、環境や労働に関する様々な問題を抱えています。

そこで良識的な素材を選定し、購入したり生産や販売をするのが、エシカルファッションです。

 

環境問題では石油業界に次いで、環境汚染を生み出していると言われる、ファッション業界。

衣服を生産するには、大量の水を消費したり、廃棄する事で大量の温室効果ガスなどを、排出しています。

そこで環境に配慮した、サステイナブルな取り組みが注目されています。

 

※サステイナブルなファッションにつきましては

サステイナブルなファッションとは?

をご覧ください

 

また、ファッション業界で働く人の、労働問題です。

この問題に対して、世界的に意識が高まったのが、約7年前に起きた崩落事故です。

”バングラデシュの縫製工場で崩落事故”

2013年4月、バングラディッシュの8階建て商業ビル”ラナプラザ”で、崩落事故が起きました。

死者数は約1130人、負傷者は約2500人です。

当時の日本では、それほど大きく報道されなかったので、知らない方も多いでしょう。

 

ラナプラザでは、銀行やショップの他に約4000人が働く、有名ブランドの縫製工場がありました。

縫製工場では、スラムなどの多くの若者が家族の為に働き、この事故で亡くなりました。

 

事故後、徐々に明るみになったのが、劣悪な労働環境でした。

従業員は、1週間ほぼ休みもなく、長時間残業まで、強いられていたのです。

そしてこのビルは、建築基準に満たない建物であり、屋根の上には大出力の発電機が設置されていました。

その発電機の振動と、縫製機械の振動で、ビルの土台には、亀裂が入っていたのです。

使用中止の意見も出ていましたが、ビルオーナーは無視を貫き、崩落事故は起こってしまいました。

事故の発生から約1か月後、20か国以上のファッションメーカーが建設物の安全性に関する協定に、署名をしました。

 

日本では、対岸の事故だと思うかも知れません。

しかし服を作る仕事に従事している人は、世界に約7500万人います。

事故の起こったバングラデシュは、世界第 2位の衣料品輸出国。

私たちが着ているブランドにも、バングラデシュの製品は多いのです。

そして現在も、バングラディシュの縫製工場で働く人の月給は、わずか約3700円。

年齢は18歳から35歳で、約8割が女性です。

多くは低賃金で、最低限の生活を営むのも難しく、管理者などからの暴力やセクハラなども、横行しています。

 

問題解決には、企業努力だけでは足りません。

消費者である私たちも、このような現状を知る事が、まずは大切です。

日本では、どのくらいエシカルファッションに、興味のある人がいるのでしょう?

約70%が環境や社会に配慮したファッションを取り入れたい!

2019年、日本全国の15歳~49歳の男女1089名によるファッションの、環境意識調査が行われました。

 

今後、エシカルファッションやサステイナブルなど、環境や社会に配慮したファッションを取り入れたいですか?

との質問に対して

「そう思う」19.2%

「どちらかといえばそう思う」

52.4%

約70%の消費者が環境・社会に配慮したファッションを取り入れたいと考えています。

 

またその理由については

「社会貢献に興味があるから」

「自己主張・表現のため」

「トレンドだから」という様々な回答がありました。

日本でも、サステイナブルやエシカルファッションへの興味が、高まっていることが解ります。

(インターネット調査資料 豊島株式会社)

 

最後に「一般社団法人エシカル協会」では、

エシカルについてこう述べています。

地球は無限であり経済も、永久的に成長できると信じてきた時代は、終わりました。

地球は有限であり共生、共存、シェア、利他の概念を持たなければ、地球も人類も持続可能ではありません。

この新しいパラダイムを作る、ひとつの有効的な考え方が「エシカル」なのです。

 

※サステイナブルでエシカルなファッションに関しては

人気有名人が手掛ける!サステイナブルなファッションブランドとは?

もご覧ください

まとめ

エシカルファッションとは、環境問題や労働問題などに配慮した倫理的なファッション。

自分だけが良ければいい!ではなく、人にも環境にも配慮した、思いやりの心がエシカル。

そのためには、製造、生産、販売する過程の透明性が需要です。

まずは一人ひとりがエシカルな心で、あれば、サステイナブルな未来を実現できるのかも知れません。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です