エルダー世代の人気ファッション雑誌とは?

人生100年時代と言われていますが、エルダーという言葉はご存知ですか?

エルダー(Elder)とは英語で、年上や年長者という意味です。

日本では主にエルダーを、50歳以上で若々しく、消費や行動に意欲的な人達を示します。

そして現在、60代のエルダー女性をテーマにしたファッション雑誌が、話題を集めています。

どんなファッション雑誌なのか?

今回ご紹介していきたいと思います。

 

 ”エルダー世代の人気ファッション誌とは?”

 「素敵なあの人」

月刊誌「素敵なあの人」は、”60代からもう一度おしゃれを楽しもう!”がテーマ。(宝島社)

元々は不定期で発売していたのですが、3日間で重版が決定、5万部を超えるヒットとなりました。

その後も反響は大きく、昨年9月に月刊誌として発売し、部数を伸ばしています。

 

ヒットの理由には、従来のミセスファッションではなく、ナチュラルでカジュアルな路線を中心に取り上げている点です。

これまでの60代女性のファッションは、高級志向で華やかなもの。

そんな先入観があったのかもしれません。

しかし同誌は“心地よい装い”がテーマで、紹介される服はカジュアルでナチュラル。

明るい色を取り入れた着こなしもありますが、あくまでもシンプルなスタイルです。

 

ヒットの理由には、こんな時代背景も・・・

彼女たちの20代は、1970年代。

若い頃はしらけ世代や、ポスト団塊世代と呼ばれました。

日本は高度経済成長期で、街にはコンビニができたり、パソコンや家庭用ビデオデッキが発売され、ライフスタイルも、大きく変化しました。

また1970年にはファッション雑誌の『an・an』、71年には『non-no』75年には『JJ』が創刊。

トレンドを発信する「パルコ」や「ラフォーレ原宿」そして「丸井」などのファッションモールも次々に出店しました。

 

※平成のファッションに関しましては

平成のファッションと流行を振り返る(前編)

をご覧ください

そして、独創的なヒッピーやフォークロア、パンクロックファッションなどが大流行。

また、ニュートラファッションには、ラグジュアリーブランドのルイヴィトンや、シャネルなどのバックやアクセサリーで、コーディネートしていました。

過去の日本女性の既成概念にとらわれない、多種多様なファッションが生まれ、牽引してきました。

 

しかし現在は、参考になるファッション雑誌が無く困っていたのです。

「素敵なあの人は」そんな60代女性の心を掴んだのでしょう。

自分らしく自由にファッションを楽しむエルダー世代が、どんどん増えて欲しいですね。

 

日本は今後、さらに少子高齢化が進み「2025年問題」を抱えています。

2025年に75歳以上になる人は、3677万人。

国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上になります。

人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を日本は迎えます。

ちなみに、現在の40代はNewエルダー世代と呼ばれています。

エルダー予備軍として、進展する超高齢社会をポジティブに変える原動力を担うと、期待されています。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です