ラボグロウンダイヤモンドで人気の、日本のエシカルジュエリーブランドは?

前回はエシカルなジュエリー、合成ダイヤモンドについて解説しました。

合成ダイヤモンドは、ラボグロウンダイヤモンドとも呼ばれ、アメリカやヨーロッパでは、近年、エシカルジュエリーブランドが急成長しています。

 

※合成ダイヤモンドに関しましては

エシカルなジュエリー、合成ダイヤモンドとは?

をご覧ください

 

そんな中、日本生まれのエシカルジュエリーブランドも、誕生しています。

そこで今回は、日本のエシカルジュエリーブランドを紹介したいと思います!

 

※エシカルに関しましては

エシカルファッションとは?

をご覧ください

ラボグロウンダイヤモンドで人気の、エシカルジュエリーブランドは?

プライマル(PRMAL)

 

シンカ(SHINCA)

シンカは、創業160年の京都の老舗ジュエラー「今与」が手掛ける、日本初のエシカルジュエリーブランド。

2018年には、銀座にシンカの店舗をオープンし、日本ではどこよりも早く、ラボグロウンダイヤモンドの販売を開始しました。

 

シンカには、SHINCA(新価)を創り、SHINCA(真価)をお届けするという想いが込められています。

シンカでは職人の技量が試される、シンプルでミニマルなデザインが多く、1カラット前後の大きいサイズのダイヤモンドまで揃えています。

客層は幅広く、ダイヤモンドには手が届かないミレニアム世代から、ずっと1カラットのダイヤが欲しかったという年配の方、本物を持っている富裕層など。

価格はネックレスが2万円台からで、ジュエリーとのコーディネートが楽しくなりそうな、オリジナルのネイルチップも販売しています。

シンカ

https://shinca-shop.jp/

エネイ(ENEY)

※画像はエネイHPから

エネイは、大手百貨店「松屋」が立ち上げた、今年8月創業のエシカルジュエリーブランドです。

エネイとはエニー(ANY)とエネルギー(ENERGY)をつなげた造語です。

ブランドのコンセプトは「エネルギーや多様性を巡らすジュエリー」

松屋がブランドコンセプトから、生産、販売までを手掛けているので、コストが抑えられ、購入しやすい価格帯になっています。

これは、手ごろな価格のラボグロウンダイヤモンドを、もっと日常的に、ファッションの一部として楽しんで欲しいという、思いが込められています。

また、このブランドを通して、百貨店で買い物をしない若年層を、取り込みたいと考えています。

価格は、リングで1万円台から。

ラボグロウンダイヤモンドを使用したラインの他に、手に取りやすいシルバージュエリーなども、取り揃えています。

今後は国内数カ所での店舗展開を計画している他、海外向けにも販売をしていく予定です。

エネイ

https://eney.jp/

 

今回は、日本のエシカルジュエリーブランドを紹介しましたが、いかがでしたか?

モルガン・スタンレーの調査によると、2016年度の合成ダイヤモンドの市場規模は、約150万ドル(約1億6350万円)でしたが、5年以内には、約700倍に成長するという見通しを発表しています。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です