トレーサビリティのアパレル業界での必要性

貴方が今着ている服の情報を、いくつ知っていますか?

タグに表示されているブランドや製造国。

素材やサイズ、購入したお店やサイトなど。

でも、素材の原産地に縫製工場、在庫が管理されている場所など、解らないことの方が多いですよね。

 

ちなみに「MADE IN JAPAN」と表示されていても、すべての工程が日本国内で製造されているとは限りません。

 

このような、不透明な部分を無くし情報を開示するのが、トレーサビリティです。

トレーサビリティのアパレル業界での必要性

トレーサビリティ(Traceability)とは?

トレーサビリティ(Traceability)は、「トレース(Trace)追跡」と「アビリティー(Ability)可能」

という言葉を合わせた言葉です。

商品の生産や流通過程が、追跡可能であること。

また、生産や流通の履歴を正確に記録したり、管理するシステムのことを言います。

トレーサビリティを導入すると、様々な工程が明確になり、何か問題が起きた時に素早く原因を追究することができます。

 

日本では以前、牛肉のBSE問題や食品の産地偽装・消費期限切れ食品の販売などが、大きな社会問題になりました。

その後、食の安全に対する消費者のニーズが高まり、食品の分野でのトレーサビリティが浸透しました。

 

そして、ファッションの業界でも、ある事故をきっかけに、トレーサビリティーの必要性が一気に高まったのです。

アパレル業界史上最悪!ラナ・プラザ崩壊事故

2013年、バングラディッシュの縫製工場が入ったビル、ラナ・プラザが突然崩壊。

工場で働いていた従業員、1134人が死亡、2500人以上の負傷者が出る大惨事となりました。

事故により、浮き彫りになったのが、グローバル展開するアパレルメーカーの現状です。

従業員達は、劣悪な環境と安価な賃金で働かされ、メーカー側が大きな利益を上げていることが、明るみになりました。

 

そして、労働者の安全や生活を守るためにも「アパレル業界は、生産背景を明確にすべきだ!」という声が世界中で上がったのです。

トレーサビリティによる透明性が信頼に繋がる

このラナ・プラザ倒壊事故をきっかけに、アパレル業界の透明性と持続可能性を高め、労働環境を改善するべく、2013年に民間団体『Fashion Revolution』が発足されました。

毎年、世界のアパレルブランド200を対象に、ファッションの透明性の調査を発表しています。

 

これまで、サプライヤーに関する情報は、重要な企業秘密とされてきました。

しかし、どこで作った素材を使用しているのか?

どの工場で縫製されたものなのか?

など、情報を開示することで、自社の商品が安全である理由が具体的になります。

そして近年の調査では、2つ同じ商品があったら、消費者は曖昧な商品よりも明確な商品の方を、安心感をもって購入することが分かりました。

トレーサビリティを徹底している企業は、顧客満足度や信頼度も高くなります。

そのため、サプライヤーに関する情報を開示する企業も、年々増えてきています。

トレーサビリティを充実させることは、アパレル業界で働く人の人権を守ると共に、消費者の安心や信頼につながります。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です