SDGs実現のガキを握るサーキュラーエコノミーとは?

現在、世界の政府や企業は、2030年のSDGsの目標達成に向けて、様々な取り組みをしています。

その中でも、環境への負荷を減らすと同時に、経済的な価値も生む”サーキュラーエコノミー”が注目を集めています!

そこで今回は、サーキュラーエコノミーについて、わかりやすく解説したいと思います!

 

※SDGsにつきましては

ファッションの3RがSDGsに貢献できる目標とは?

をご覧ください

 

“SDGs実現のカギを握るサーキュラーエコノミーとは?”

サーキュラーエコノミーを解説する前に、リ二アエコノミーについて確認しておきましょう!

私たちの社会は長い間、モノを作るのに原料を使い、生産し、消費し、廃棄するというリニアエコノミー(Linear Economy)「直線的経済」を行ってきました。

リニアとは英語で直線。

流れが一方通行の、モノを使い捨る経済システムです。

例えば、企業が服を生産する場合

原料となる資源を大量使用→ 大量生産→ 大量消費→ 大量廃棄(売れ残り品や未使用品も含む)

という一連の流れです。

しかしこのシステムで服を作り続けていくと、資源はいつしか枯渇してしまいます。

また、環境にも様々な悪影響を及ぼします。

・水質汚染

・水の大量使用

・マイクロプラスチック問題

・CO2の大量排出  

など。

消費から廃棄に至るアパレル業界が排出するCO2の量は、石油産業に次き、2番目に多いと言われています。

衣料品のみならず、リ二アエコノミーを続けていくと、資源も環境も悪化の一途をたどるでしょう。

また、2050年には世界人口が98億人になると推計されています。

日本は少子化ですが、世界的には人口が増加しているので、持続可能な経済モデルでないことは明確です。

 

では、サステナブルな未来のために、どんな経済モデルにシフトしていけば良いのか?

そこで新たに誕生した経済の仕組みが

サーキュラーエコノミーなんです!

サーキュラーエコノミーとは?

サーキュラーエコノミー(Circular Economy)とは「循環型経済」という意味です。

略してCEと言ったりします。

サーキュラーエコノミーとは、使い捨ての経済ではなく、資源を無駄にせず、循環させていく経済モデルのこと。

イラストでもわかるように、サーキュラーとは英語で円。

円を描くように、消費した物を再利用し、循環させる流れになっています。

 

このサーキュラーエコノミー推進機関として有名なのが、イギリスに本社を構える、エレン・マッカーサー財団。

エレンマッカーサー財団では、サーキュラーエコノミーの3原則として

「有害な廃棄物や排出物を出さない」

「投入した資源を使い続ける」

「自然システムを再生する」

を掲げています。

「でも、循環型経済ってこれまでにもあったよね!何が違うの?」

環境問題に関心がある方ならそう思ったでしょう…

従来の循環型経済とサーキュラーエコノミーの違いとは?

従来型の循環型経済(3R)

Reduce リデユース(減らす)

Reuse リユース(再利用する)

Recycle リサイクル(リサイクル)

レジ袋を有料化してごみを減らしたり、不用品はフリマアプリに出品してみたり、洋服をリメイクして少しでも長く使ってみたり。

※ファッションのリメイクに関しましては

リメイクファッションでサステイナブル!解説・ビフォーアフター

をご覧ください

 

日本は、資源の少ない国であり、3Rの先進国とも言われてきました。

しかし3Rの問題点は、リサイクルをしたくても、リサイクルできるような素材やデザインになっていない製品が、多いこと。

一方の、サーキュラーエコノミーは、原料や製品デザイン(設計)の段階から回収・資源の再利用を前提として生産し、循環させ、廃棄物ゼロを目指しています。

 

つまり簡潔にすると☝️

廃棄物を減らすために

従来の循環型経済3Rは

廃棄物をどうするか?

(作ってから考える)

サーキュラーエコノミーは

廃棄物を出さないためにどうするか?(考えて作る)

の違いです。

 

ちなみに、リユースやリサイクルができるようなデザインや、修理や部品交換などで長く使えるように設計されている製品を、サーキュラーデザインと言います。

そして、世界でもサーキュラーエコノミーに積極的に取り組んでいるのが、オランダ政府。

2050年までには、100%サーキュラーエコノミーを実現するという、目標を掲げています。

 

サーキュラーエコノミーがもたらす経済効果は?

コンサルティングファームのアクセンチュアの調査によると、サーキュラーエコノミーにシフトすることによって、2030年までに4.5兆ドル(480兆円)もの経済効果が想定されています。

また、サーキュラーエコノミー通じて、様々な異業種・異分野の連携が生まれ、地域のつながりの再構築や、オープンイノベーションにつながることも、期待されています。

そしてサーキュラーエコノミーの実現には、メーカー・小売・回収・リサイクル企業など、幅広い業種の連携が必要です。

製品回収・リサイクルなど、消費者の協力も必要となり、業界や立場を超えたあらゆる人々の協力が、必要不可欠です。

 

今回は、サーキュラーエコノミーについて解説しましたが、いかがでしたか?

リニアエコノミーにより、私たちの生活は物質的には、とても豊かになりました。

しかし、環境にはたくさんの悪影響を及ぼし、地球存続の危機に直面しています。

一人一人が環境問題に興味を持ち、考え、身近なところから取り組んでみる事が大切です。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です