社会課題解決型ファッションがオシャレでカッコいい!

アパレル業界の社会課題である大量廃棄問題に環境汚染問題。

多くのアパレルブランドが、サステイナブルな素材を取り入れるなど、社会問題がファッションにも反映されています。

また、今ある製品に、新しいアイデアと伝統技術で、社会課題解決を目指しているアパレルブランドも誕生しています。

そこで今回は、オシャレでかっこいい!社会課題解決型のファッションブランドを紹介したいと思います!

 

※サステイナブルな素材開発に関しましては

サステイナブルな素材の最前線!服から服のリサイクルに人工タンパク質

をご覧ください

 

“社会課題解決型ファッションがオシャレでカッコいい!”

黒染めのリサイクルブランド「K」

お気に入りの服だったのに、シミや黄ばみ、色落ちで着られなくなってしまった・・・

なんてこと、ありますよね!

そんな時にお勧めなのが、服を黒く染めて、もう一度着られるようにする、リウェアブランドの ケイ(K)です。

ケイは、京黒紋付染で100年以上の歴史のある”京都紋付”が新たに立ち上げたブランド。

京都紋付の伝統技術を生かし、とても美しい黒に染め、新たに蘇らせることができます。

 

アイテムはTシャツやワイシャツ、ジャケット、カーディガンにワンピースなど。

また、バッグやキャップ、ストールといった小物にも対応しています。

通常の黒染めを行った後、天日干しをし、さらに1点ずつ手作業で独自の漆黒加工を施すことで、洗濯しても色落ちしない黒色に染め上げます。

黒染め後の衣服は、新品のようなソフトな肌触りを取り戻し、さらに撥水効果も加わります。

本当に黒い服を作る時には、ハイブランドも依頼するほどの、高い評価を得ています。

 

着物に触れる機会は年々減っていますが、染めるという形で、日本の伝統技術に触れてみる。

大切な服やバッグだからこそ、古くなっても新たに再生して使ってみる。

日本の伝統文化の継承と社会課題解決にもつながる、新たなファッションの楽しみ方です。

 

https://www.k-rewear.jp/

世界初!ビニール傘のアップサイクル!

プラスシティ(PLASTICITY)

日本人の傘の消費量は年間、約1億3千万本で世界一と言われています。

そのうちビニール傘は約8千万本。

安くて便利なビニール傘ですが、その多くが廃棄処分されています。

しかし廃棄するには、素材別に分解するなどの手間があり、埋め立て処理や焼却処理が問題視されてきました。

※傘の歴史に関しましては

傘の歴史を知らない日本人!でも世界でいちばん傘が好き

をご覧ください

この現状を解決したいとの思いから、クリエーターの齋藤明希さんがビニール傘の特性を生かした、リサイクルバッグのブランド プラスシティ(PLASTICITY)を立ち上げました。

 

原材料となるビニール傘は日本各地の駅や、商業施設などで忘れられ廃棄処分されてしまう物を中心に回収。

回収した傘は、骨組み部分を解体・洗浄した後、傘の形のまま数枚を重ね、特殊な圧着加工を行っています。

防水性やメンテナンス性といったビニール傘が持つ素材の特性も、最大限に活かし製作されています。

扱いの難しいビニール素材は、国内の高い技術力のある職人の手によって裁断し縫製。

ひとつひとつの工程に必要とされる、人間の感覚や熟練した職人の技術、素材を大切にする想いから製品は生まれています。

プラスシティでは、近い将来にプラスチックの廃棄による環境問題が解決されるという思いを込め「10年後になくなるべきブランド」と宣言しています。

これまで、リサイクルが難しいとされてきたビニール傘。

クリエイターのアイデアとデザイン、プロフェッショナルの職人さんの協力で誕生した、機能的でおしゃれなバッグ。

世界で一番傘を消費する日本人だからこそ、ビニール傘の社会問題にひとりひとりが高い意識を持ち、解決に向けてせ取り組むことが重要です。

 

https://plasticity.co.jp/pages/about

 

今回は、社会課題解決につながる、リサイクルブランドをご紹介しましたがいかがでしたか?

デザインや技術を生かせば、リサイクルできる物が日常生活の中には、溢れています。

様々な業種が垣根を越えて協力し、社会課題解決に向けて貢献していくことが、サステイナブルな未来に向けて必要です。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です