アクセサリーの素材と特徴をわかりやすく解説(ゴールド・プラチナ・シルバー)

アクセサリーと言っても、素材はさまざま。

今回はゴールド、プラチナ、シルバーの素材についてわかりやすく解説します。

サステイナブルな素材でもありますので、魅力や特徴を知って、お手入れやメンテナンスをしながら、愛用しましょう。

 

※ジュエリー・アクセサリーのリフォームに関しましては

ジュエリーのリフォームランキング・ベスト5

をご覧ください

 

“アクセサリーの素材と特徴をわかりやすく解説”

ゴールド(Gold)

人類の歴史上、世界的に無価値になったことのない実物資産としても人気のゴールド。

特殊な溶液でないかぎり、酸化して腐食する事もありません。

 

そんなゴールドのアクセサリーには、K24、K18、K14、K10などの種類があります。

Kはカラット(karat)で、数字はゴールドの「純度」を表しています。

純度とはゴールドの含有率のことで、その製品のゴールドの割合を表しています。

K24は純度99%以上の純金で、K18はゴールドの含有率が 18/24 の金合金という事になります。

K18は、75%が純金で残りの25%は銀、亜鉛、銅、パラジウムなどの金属が混ざっています。

 

では、多くのアクセサリーは、K24ではなくK18やK14なのでしょう?

K24は硬度が柔らかいため、変形しやすいという欠点があります。

そのため、K24はインゴット(金塊)やコインとしておもに使用されています。

アクセサリーでは、ゴールドが他の金属と混ざりやすいという特性を生かし、合金にすることで耐久性を出しています。

 

そしてゴールドは、カラーバリエーションが多いのも、魅力のひとつ。

カラーゴールドはどんな成分で作られているのでしょう?

代表的な組み合わせをご紹介します。

 

カラーゴールドの成分の組み合わせ

イエローゴールド⇒金-銀-銅

ホワイトゴールド⇒金-パラジウムー銀、金ーニッケルー亜鉛ー銅

ピンクゴールド⇒金ー銀ー銅ーパラジウム

これらの比率を変えると、特性や色調も変化します。

最後にゴールドの特徴をまとめてみました。

ゴールドの特徴

★メリット★

・世界的に人気があるので、資産価値としても高い

・K18以上は、酸化や硫化、腐食にきわめて強く、輝きが長く保てる

・カラーバリエーションが豊富である

★デメリット★

・価格が高い

・華奢なリングだと変形しやすい

プラチナ(Platinum)

プラチナはレアメタルと呼ばれ、ゴールドと比べても採掘量が年間20分の1程度の、希少性の高い貴金属です。

なお、原鉱石1トンに含まれるプラチナの量はわずか約3g(約指輪1個分)程度といわれています。

そんなプラチナですが、日本は世界最大規模のプラチナ消費国。

 

プラチナは白い光沢が特徴で、熱や酸にも強く、優れた耐久性があることから、純粋性や永遠性の象徴として婚約指輪や結婚指輪としても人気です。

また、プラチナは変色・変質しにくい素材。

長年愛用しても、洗浄で簡単に汚れが取れて、金属アレルギーによる心配がないのも人気の理由です。

ただし、プラチナもゴールドと同様、柔らかい素材なのでpt950やpt900など強度を高めるために他の素材を混ぜています。

 

プラチナの特徴をまとめてみました。

プラチナの特徴

★メリット★

・希少価値が高い

・耐久性に優れている

・Pt900以上のプラチナは、金属アレルギーが起こりにくい

・水や汗に強く簡単なお手入れで、長年輝きが保てる

★デメリット★

・価格が高い

・純度が高いと強度が弱くキズがつきやすい

シルバー(Silver)

江戸初期の17世紀初め、日本から輸出されたシルバーは、世界の3分の1を占めていたと言われています。

シルバーは、落ち着いたやわらかい光沢が人気。

海外では魔よけの効果があるとも言われ、古くから宝飾品として親しまれてきました。

こまめに磨いていれば、プラチナよりも強い輝きが出ます。

また、いぶし加工したシルバーは、ハードなメンズアクセサリーとして人気です。

 

シルバーアクセサリーの刻印925とは?

シルバーアクセサリーには「925」の刻印がされています。

これは素材の92.5%がシルバーであるということ。

シルバーも柔らかい素材のため、それ以外の7.5%に関しては主に銅を混ぜて、強度を高めています。

また、海外のシルバー製品には「STERLING」と刻印されている物もあります。

「STERLING」とは”価値のある”や”本物”という意味があり「925」と同じでシルバーである事を表しています。

 

シルバーの特徴をまとめてみました。

シルバーの特徴

★メリット★

・ゴールドやプラチナに比べて価格が安い

・光の反射率が高く、温かみのある色味がある

・いぶし銀というシルバー特有の色味がでてくる

★デメリット★

・お手入れをしないと、黒くなってしまう

・キズが付きやすい

 

ゴールド、プラチナ、シルバーはチェーンが切れてしまったり、割れてしまっても修理ができる素材です。

お手入れやメンテナンスをしながら、愛用してくださいね!

 

※ブラス、チタン、ステンレスのアクセサリーの素材と特徴に関しましては

アクセサリーの素材と特徴をわかりやすく解説(ブラス・チタン・ステンレス)

をご覧ください

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です