ジュエリーのリフォームランキング・ベスト5

ジュエリーは美しく繊細ですが、扱い方によっては壊れやすい一面も持ち合わせています。

・ネックレスのチェーンが切れちゃったけど直るの?

・シルバーの変色はどうにかならないの?

・リングのサイズは何号まで大きくできるの?

ジュエリーのリフォーム依頼が多い順に、今回ランキングにしてみました。

皆さんのクローゼットにも、リフォームしたら蘇るお宝が眠っていませんか?

 

※アクセサリーのリフォーム・リペアの実例は

アクセサリーのリフォーム・リペアでサステイナブル!解説・ビフォーアフター

をご覧ください

”ジュエリーのリフォームランキング・ベスト5”

 第5位「シルバージュエリーにロジュームメッキ」

まず、シルバー(銀)について簡単に説明しておきますね。

シルバー製品と言えばジュエリー全般、また銀食器などが古くから有名です。

日本の正規品のほとんどに、925の刻印がされています。

これは92.5%純銀で、残りの7.5%が銅を混ぜた合金である事を表しています。

シルバーは性質上柔らかいので、強度を増すために銅を入れた金属が”スターリングシルバー”です。

銅ではなく、ニッケルやアルミニウムなどを使用している物は、スターリングシルバーとは言いません。

 

またシルバーは、硫化して黒くなってしまう性質を持っています。

シルバー専用クリーナーなどで、お手入れすると綺麗になりますが、毎回お手入れするのは大変。

そこで変色を防ぎ、表面の硬度を増してキズにも強くなる、ロジウムメッキを施すのです。

シルバー以外のプラチナやホワイトゴールドにも、キズ防止の為によく使われています。

ロジュームメッキは、アレルギー反応を起こす方が比較的少なくないのも特徴。

但し、メンズのジュエリーなど、黒くいぶした雰囲気を楽しむ方には向きません。

 第4位「ネックレスの引き輪交換」

ネックレスの留め具が壊れ、交換する修理(リペア)です。

通常、ネックレスやブレスレットにはチェーンと同素材の、留め具が付いています。

留め具の種類には、引き輪、カニカン、トグル、クラスプなどがあります。

引き輪やカニカンには、開閉する部分にバネが入っています。

バネは貴金属ではないので、汗や水などが入り込むと次第に錆てきます。

使用頻度にもよりますが、バネが劣化し開閉できなくなるのです。

バネは直す事はできないので、原型と似た留め具で交換します。

留め具が使いづらいなどの悩みがあれば、サイズを大きい物にしたり、形状を変える事もできます。

 第3位「リングのサイズ直し」

新品のリングなら、デザインが気に入ったので、サイズが直せれば購入したい。

また購入から何年か経過し、指が太くなって入らなくなったなど・・・

サイズを大きくしたり、小さくしたりするリング(指輪)のサイズ直しです。

では、どのくらいサイズ変更が可能なのか?

シンプルで飾りのない平打ちのリングであれば、原型より大小最大で20号まで、サイズ変更が可能です。

大きくする際には、素材を足して大きくします。

石つきのリングの場合は、大小1号から2号のサイズ変更が可能です。

 第2位「パールネックレスの糸切れ」

まず、パールについて少し解説しましょう。

パールは、日本が世界で最初に養殖に成功した国です。

品質の高さも世界NO.1と言われる、人気のジュエリー。

そして日本では古くから、冠婚葬祭などの必須アイテムとして、親しまれてきました。

特に日本がバブル経済の時には、国内のパールメーカーが大々的なPRをし、世界最大の真珠消費国となりました。

現在の60代以降の女性に、パールの保有率が高いのには、この時代背景も影響しています。

今では、娘さんやお孫さんなどに譲り渡し、パールのネックレスにカラーストーンを足したり、ピアスやリングにしたり。

日常的に使用できるアイテムとして、リメイクしています。

時代を超えて、世界にひとつだけのジュエリーの誕生です。

 

※さらにパールに関しましては

大人の品格ファッションアイテム|ジュエリー編

をご覧ください

 

パールのネックレスの糸切れは、長年使用していると、水や汗で糸が劣化して起こる現象。

突然糸が切れると、パーツを紛失してしまう事もあります。

使用頻度にもよりますが、1年~2年位の頻度で、定期的に糸交換されるのがお勧めです。

 

 第1位「ネックレスのチェーン切れ」

近年は、華奢なチェーンのネックレスを重ね付けするのが流行しています。

しかし、細くて軽いチェーンほど、絡まったりして切れやすいです。

チェーンが切れた場合には、マルカンで繋いで直したり、ロー付け(溶接)したりします。

ロー付けができる素材は、プラチナ、シルバー、ゴールド、ブラス(真鍮)です。

何カ所もチェーンが切れている場合には、チェーン交換をお勧めする場合もあります。

収納時には、1点ずつ小分けにすると、チェーン切れの防止にもなります。

 

今回のランキングで、皆さんもリフォームしたいジュエリーはありましたか?

この他にもたくさんのリフォームがあります。

リフォームしながら愛用する。

サステイナブルな心が大切です。

 最後に…

ジュエリーやアクセサリーのリフォームは、どこの国で製作され、素材が見た目でもわからない製品もたくさんあります。

皆さんも直るのかな…?

と迷われたら、長年の経験のある鑑定士さんや職人さんに相談して、より良い活用方法を見つけて下さいね。

 

アクセサリーのリフォーム・リペアでサステイナブル!解説・ビフォーアフター

をご覧ください

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です