トレンドのワンショット消費とは?

皆さん”ワンショット消費”という言葉はご存じですか?

ワンショット消費は、オークションサイトやフリーマーケットアプリの普及によって生まれた、消費傾向の1つです。

 

※フリーマーケットアプリに関しましては

フリマアプリと循環型社会の関係とは?

をご覧ください

 

デジタルネイティブ世代と呼ばれる、現在の20代を中心に、新たな消費形態として広がりを見せています。

では、ワンショット消費とはどんなものなのか?

早速、わかりやすく解説してみたいと思います。

トレンドの”ワンショット消費”とは?

一度の使用で写真を撮って売却する

まず、英語でワンショット(One-shot)とは「1回限り」という意味です。

ワンショット消費では、1回だけ使う。

また、写真で1回撮影するという意味で使われています。

 

2019年、日本におけるインターネットの人口普及率は94%

ファッションアイテムの購入方法は、店頭からECサイトが主流となっています。

 

ECサイトでの購入は、手軽な一方で実際に商品が届いてみたら、サイズや色が思っていたのと違っていた。

似合わなかったから、フリマアプリに出品して販売する。

皆さんにもこんな経験があるでしょう。

 

しかし近年は、1回着たからもう満足。

SNSで投稿する為に購入し、その後は、すぐにフリマアプリで売却する。

この一連の消費行動を”ワンショット消費”と言います。

 

商品を選ぶ際には、フリマアプリで売却する事を想定し、少々高額な商品を購入。

一回のみの使用なら、売値も高く買値との差額も少なくなります。

ブランドのタグや値札なども捨てずに取って置き、出品する際の信用性を高めます。

投稿する商品の画像も、価格に反映されるので綺麗に撮影したいのです。

そこでワンショット消費から、新たに波及したサービスがあります。

ワンショット消費がもたらす波及効果は?

メルカリは、ワンショット消費の高まりを受け、首都圏3カ所のコインランドリーに、メルカリへ出品する衣服の撮影ブースを設置。

コインランドリーの運営や、業務用クリーニング機器を製造・販売するTOSEIと分業で、実証実験を行っています。

ハンガーと背面パネル付きのハンガースタンド、メジャーなども置かれています。(梱包資材は無くなり次第終了)

店で洗濯、撮影して徒歩1分以内の場所にあるコンビニに持ち込めば、発送まで簡単に行える仕組みです。

TOSEIは、これまでコインランドリーを利用する機会の無かった、新たな客層の開拓を見込んでいます。

今後は反応を踏まえ、約50店舗に追加の設置も検討しています。

 

またSNSやインスタ映えの為に、流行のブランド品を毎回購入するのは、金銭的にも大変。

そこで需要が伸びているのが、高級ブランドバックや、時計、自動車などが定額制でレンタルできるサブスク(サブスクリプション)サービスです。

サブスクは、今後の5年間で急速に拡大していくサービスと予測されています。

 

※サブスクリプションサービスに関しましては

ファッションの人気サブスクリプションとは?

をご覧ください

 

まとめ

ワンショット消費とは、SNSの投稿、フリマアプリの普及によって生まれた1回使用し撮影、売却するスタイル。

所有よりも共有、共感、認知などの心理的欲求からの、消費行動と言えるでしょう。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です