サステイナブルな素材の最前線!服から服のリサイクルに人工タンパク質

7月1日から始まった日本でのレジ袋の有料化。

身近な所で、サステイナブルな未来のために、生活様式も変化しています。

そして大量生産による、大量廃棄やCO2排出の問題が深刻なアパレル業界。

再生利用できるサステイナブルな素材の開発により、その需要も高まっています。

※サステイナブルにつきましては

サステイナブルなファッションとは?

をご覧下さい。

 

そこで今回は、サステイナブルな素材開発の最前線を、お伝えしたいと思います!

 

”サステイナブルな素材の最前線!服から服のリサイクルに人工タンパク質”

服から服へのリサイクル!レニュー(RENU)

現在、世界の繊維生産の約半分を、ポリエステルが占めているのをご存知ですか?

ポリエステルを再利用できれば、生地の約半分がリサイクルできるのです。

しかし、ポリエステルのリサイクルと言えば、使用済みのペットボトルを原料にするのが一般的でした。

それが現在、伊藤忠商事と中国の繊維会社の提携で、複数の素材が混ざった衣料品でも、ポリエステルのみを取りだすリサイクルが可能になったのです。

 

プロジェクト名は「レニュー」

早速、レニューでのリサイクル方法を解りやすく解説します。

①ポリエステルを含む古着や、生産時に出る端切の生地を回収。

②工場で粉砕します。

➂独自に配合した薬品で、ポリエステルを溶かします。

④チップと呼ぶ、微細な粒子に分解して取り出します。(再生前の色は落ちる)

⑤このチップを繋ぎ合わせて糸に。

⑥糸から生地にします。(新品同様、染められる)

⑦生地を製品にして、マーケットなどで販売します。

この①から⑦の工程を繰り返せば、生地を半永久的に、使い回せる仕組みです。

 

因みに、生地を見てもリサイクルした生地だとは、分かりません。

現在この生地は、環境に配慮した製品を展開している、ファストファッションのH&Mや、ハンティングワールドなどに供給しています。

 

服から服へのリサイクル!

値段が少し高くても、再生可能なファッションで有れば、消費者も安心して購入できますよね。

クモの糸が発想の原点!人口タンパク質繊維

画像はムーン・パーカ(MOON PARKA)

2019年12月、世界初の人工タンパク質の繊維を使ったダウンジャケット「ムーンパーカー」がノース・フェースから発売されました。

石油原料を使わないこの製品は、アパレル業界で大きな話題となりました。

開発したのは、ノース・フェースを手掛ける、スポーツアパレル大手のゴールドウインと、バイオベンチャーのスパイバー。

スパイバー代表は、大学生時代にクモの糸が強靭である事をヒントに、クモの糸と同じタンパク質を、人工的に作り出す研究を始めます。

そして、石油に頼らずパフォーマンスの高い材料が作れたら、世界を大きく変えられると思っていました。

因みに、クモが生成する牽引糸は、アラミド繊維や炭素繊維に匹敵する強度で、ナイロンなどを上回る伸縮性、300°Cを超える耐熱性があり非常に軽量です。

それでは、人口タンパク質・クモの糸ができるまでの、過程を見てみましょう!

人工タンパク質・クモの糸ができる過程

画像:スパイバー㈱資料を引用

クモの糸の過程は、微生物を使い、タンパク質を生成させ糸を作り、繊維にします。

設計を変えれば、様々な特徴や機能を持たせたタンパク質が、無限に作れます。

また、その素材を加工すれば、衣料品のみならず、車のドアやシートなどにも応用ができます。

人工タンパク質素材の開発を進めている企業は、スパイバーの他に、米国のボルトスレッズ、人工レザーを展開する、モダンメドウなどがあります。

いずれも商業生産の開始前に、数百億の資金調達をし、新興バイオテック企業として、投資家の間でも注目を集めています。

その中でもスパイバーは、出願中のものも含め、220の特許を取得しており、技術的にも大きくリードしています。

 

そして先日、ゴールドウインとスパイバーは、海洋汚染物質を出さないフリースの発売を計画。

開発の初期段階ですが、フリース素材にするのに最適なタンパク質を探し、発売したいとしています。

また、フリースと併用しウールやファー、ダウンなどの動物由来の天然素材も、人口タンパク質に置き換える開発に着手しています。

 

ゴールドウインでは、ザ・ノース・フェイスを主力とした、機能性の高いアウトドア用品を展開してきました。

今後もアウトドアライフが充実するには、自然環境の存続がとても重要だと考えています。

その為にも、自然界に配慮した素材や商品開発が必要不可欠だと判断し、開発に注力しています。

 

※人気有名人の環境に配慮したファッションブランド

人気有名人が手掛ける!サステイナブルなファッションブランドとは?

をご覧ください

まとめ

これまで難しいとされていた、服から服のリサイクル。

そして、石油にかわって、地球上に豊富に存在するタンパク質でつくる繊維。

様々なテクノロジーを駆使して、サステイナブルな未来への研究開発が行われています。

デザインも美しく機能的で、なおかつ環境に配慮したファッションが、これからのトレンドとなっていくでしょう。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です