世界が注目!アップサイクルファッション

今月ノーベル物理学賞を受賞した、吉野彰さんの講演が、スウェーデンのストックホルムで行われました。

受賞したリチウムイオン電池について「サステイナブルな社会を実現するための、中心的な役割を果たす」と語りました。

こうした環境に配慮したサステイナブルな製品が、現在様々な分野で求められています。

 

※サステイナブルに関しましては

サステイナブルなファッションとは?

をご覧ください

環境省が推奨している、廃棄物を減らし、生かすための3R(リデュース・リユース・リサイクル)

この中のリサイクルには、素材の質を下げて再利用する「ダウンサイクル

そしてアイデアや工夫を加え、価値を高め再利用する「アップサイクル」があります。

アップサイクルは、循環型社会に意識の高い、アメリカで生まれました。

元の素材をなるべく生かし、地球への負荷も抑えられるので、世界で注目されています。

そこで今回は、ファッションのアップサイクルブランドを、ご紹介したいと思います。

※アップサイクルに関しましては

日本の伝統文化!着物の帯でつくるアップサイクルファッション

もご覧ください

”アップサイクルファッション”

Colette Barcelona(コレット・バルセロナ)

スペイン発祥の人気ブランド”コレットバルセロナ”

アクセサリーの素材は、使われなくなったテーブルクロスや、ウェディングドレスから切り取ったレースを使用。

現代ファッションにも合うデザインのアクセサリーにして、蘇らせています。

レース生地は丁寧に切り取り、色染めをした後に、レース本来のデザインが崩れないように、加工を施します。

これらはすべて手作業で行われ、余ったレース生地は、他のデザインのアクセサリーに使います。

 

ネックレスのチェーンやピアスの装飾に使われる金具も、40年~50年前の真鍮を使用。

年々、アップサイクルに共感し、使わなくなったレースを無料で提供してくれる人も増えています。

素材を提供する人、デザインする人、購入する人の気持ちが繋がり、社会に貢献できるのは素晴らしい事です。

コレットバルセロナ インスタグラム

#Colette Barcelona

Relier 81(ルリエ エイトワン)

”ルリエ エイトワン”は日本生まれのブランド。

ルリエはフランス語で、繋がりや結ぶことを意味します。

81は海外から日本に電話をかける際の+81の日本の国番号。

「日本と世界を繋ぐ」との意味が込められています。

ルリエ エイトワンのシューズはいずれも、着物または帯で作られています。

しかもデッドストック(未使用品)かヴィンテージ、またはユーズドのみを使い、新しく生地から生産する事はしません。

現在日本に残っている帯や着物は、ほとんどが一点もの。

靴をつくる場合、一枚の帯や着物から制作できる数はわずか8足です。

靴の表面に出る柄も少しずつ異なるため、制作する時点で、一期一会の価値を兼ね備えています。

日本文化である着物が形を変え、身近に使える物に生まれ変わるのは嬉しいですね。

現在は店舗は持たず、ネットショップのみの販売ですが、今後は海外展開も検討しています。

着物や帯の柄のパンプスは、色も艶やかでカジュアルスタイルにも合わせやすそう。

海外でも人気ブランドになるでしょう!

ルリエエイトワン

https://relier81-kyoto.com/

BEAMS COUTURE(ビームスクチュール)

日本を代表する大手セレクトショップ、BEAMSが立ち上げた新規ブランド”BEAMS COUTURE”(ビームスクチュール)

倉庫に抱えていたデッドストック品を、さまざまなクリエイターやブランドと共同して「一点モノ」として蘇らせる事業を始めました。

ビームスのオリジナル製品をつくる取引先や、この事業に賛同した他ブランドからも、布の切れ端や不良在庫を買いつけています。

「ビームス クチュール」は、ビームスが考えるCSV(共通価値の創造)の一つのかたちと位置づけられています。

今後は、ファッション以外の不良在庫の活用も検討しています。

ビームス

http://www.beams.co.jp/special/beamscouture/

SECOND CHANCE BANGKOK (セカンド チャンス バンコク)

”セカンドチャンス”は、2009年タイのバンコクのクロインスラムに設立された、リサイクルショップ。

クロインスラムは、約10万人が暮らすバンコク最大のスラム街。

スラム住民の生活の質を向上させる為に、セカンドチャンスは設立されました。

 

セカンドチャンスには、海外から1日100㎏ほどの古着が、寄付され送られてきます。

この古着1枚を、スラムの住人が20バーツ(約70円)で仕入れます。

そして約5倍の値段で、路上などで販売し、生計を立てています。

スラム住人が、自力で暮らしていけるように、古着は激安で販売。

ただし、寄付の量が多すぎたり、売れ残っしまうなどの問題も抱えていました。

 

例えばネクタイはいつも売れ残ってしまいます。

なぜなら、タイの人には、ネクタイをする習慣がないからです。

現地のデザイナー達は、アイデアを出し合い、メガネケースにリメイクする事に。

 

そして、優れた裁縫技術者達が、メガネケースを完成させました。

この他に、キーホルダー、バッグ、シュシュ(髪どめ)なども制作しました。

ユニークな発想で、今では外国人観光客に人気のお土産になっています。

 

活動国が寄付として送った物が、支援国でアップサイクルされ、再利用される。

世界がひとつになる、サステイナブルでエシカルな循環型システムです。

 

エシカルに関しましては

エシカルファッションとは?

をご覧ください

 

この他の売れ残った古着は、プロジェクトに使ったり、スラムの中でも特に貧しい人達に、無料で配ったりしています。

セカンドチャンス

https://www.scbkk.org/

まとめ

アップサイクルとはアップグレードして、サスティナブルな製品にする事。

不要になったファッションに、新しいアイデアやデザインを吹き込み、付加価値の高い製品が誕生しています。

アップサイクルには、物にに込められたストーリーがあり、限りある地球の資源を守ることに繋がっています。

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です