ファッションのリユース企業が急成長!

終活や遺品整理などで不要品を処分したい。

しかし、世界中で大量廃棄による環境汚染問題が、深刻になってきています。

そこで不要な物を買取販売し、循環させるリユース市場の需要が、年々高まってきています。

リユース市場は2030年に、2兆1710億円の市場規模になると、予想もされています。

この市場を大きく押し上げているのが、CtoCセグメントのフリマアプリのメルカリ。

また従来型のBtoCで、不用品の買取販売をする、ファッションのリュース企業も急成長しています。

そこで今回は、急成長しているファッションのリユース企業について、解説してみたいと思います。

 

※CtoC、BtoCに関しましては

今注目のD2Cビジネスで成功したブランドとは?

をご覧ください

 ”ファッションのリュース企業が急成長”

セカンドストリート(2nd STREET)

セカンドストリートを運営するのは、1989年設立の株式会社ゲオホールディングスです。

ゲオと言えば、AVソフトレンタルの販売店「ゲオショップ」を思い浮かべる方が多いでしょう。

しかし近年のゲオショップは、ネット動画のサブスクリプションやYouTubeなどの台頭によって、苦戦を強いられています。

 

※サブスクリプションに関しましては

ファッションの人気サブスクリプションとは?

をご覧ください

 

現在、ゲオの大きな収入源になっているのが、リユース事業の「セカンドストリート」(セカスト)です。

洋服はもちろんソファーから、テレビなどの家具や家電そして楽器も査定し、買取販売をしています。

買取方法は「店頭買取」「WEB買取(宅配)」「出張買取」の3つを行っています。

この中から自分の都合のよい方法を選択し、査定してもらえます。

ハイブランドからノーブランドまで、買取してくれるのが特徴。

国内の店舗数は、大手アパレルメーカーのユニクロ、洋服の青山に次ぎ630店舗。

現在も年間40店のぺースで増やし、昨年からは海外にも出店しています。

 

2018年1月、カリフォルニア州ロサンゼルスのメルローズに、セカンドストリート初の海外店舗をオープン。

メルローズアベニューは、ヴィンテージショップなどが立ち並ぶ街。

日本のリユースショップチェーンが、北米に出店するのは初めてです。

服飾品を約1万点そろえ、販売だけでなく日本と同様、買取サービスも行っています。

アメリカでは差別化を図る為、日本全国で買取した豊富な在庫も活用し、日本のブランドコーナーも設置。

京都紋付の色あせや、汚れた中古衣料品を、深黒加工で黒に染め上げ、新たな商品としアップサイクルする「クロフィネ(KUROFINE)」も販売。

 

※アップサイクルに関しましては

世界が注目!アップサイクルファッション

をご覧ください

同年6月には、ロサンゼルスのパサデナ、7月にはオレンジ郡のコスタメサの、ショッピングモールにも出店しました。

セカンドストリートは、2020年の3月までに、アメリカで10店舗まで増やす計画です。

 

またアジア圏ではマレーシアに出店していますが、今後は台湾にも展開予定。

台湾は、近年日本の大手セレクトショップも続々と出店しています。

ターゲットは、日本文化に関心の高い台湾の若年層です。

海外で日本流のリユースショップは受け入れられるのか?

今後もセカンドストリートに注目です!

 

続いては、ネットやマス広告を主体に集客を行い、無店舗経営で出張買取がメインの、リュース企業です。

テレビCMでおなじみ!出張買取の”バイセル”

バイセルを運営するのは、2001年設立の株式会社バイセルテクノロジーズです。

バイセルでは主に着物や切手、ブランド品などの、出張買取販売を行っています。

ネット型リユース事業を通じて、循環型社会の構築に果敢に挑戦し、急成長している企業です。

バイセルの2018年12月期の売上高は、101億1875万円。

経常利益は4億7300万円です。

 

バイセルでは、出張買取の出張料・査定料・キャンセル料など査定にかかる費用は、日本全国すべて無料。

買取したものは自社で展開している、ECサイトやデパートの催事などで、販売しています。

主要顧客は50代以上が約75%を占め、シニア層に強いのが特徴。

自宅整理や遺品整理及び、生前整理で利用するケースが約60%を占めています。

前期の出張訪問件数は15万8197件。

その中で主力商材となる着物類の買取は、年間約100万点にものぼります。

バイセルではお客様の要望で、着物をテディベア用のミニチュアサイズに作り替えて着せる、リメイクの新事業も始めました。

買取販売の他に、思い入れのある物を新しい形にして残す。

『大切なものをつなぐ掛け橋』をするのもバイセルの理念です。

そしてバイセルは、今年の11月に初の海外事業を発表しました。

日本の古着物をモンゴルの民族衣装に!

バイセルは、日本リユースシステム株式会社と共同で、古着物をモンゴルの民族衣装『デール』にリメイクし、モンゴルで販売します。

日本で買取した古着物をモンゴルに輸送し、現地の衣料品メーカーで、モンゴルの民族衣装に作り替えます。

 

なぜ、初の海外出店先がモンゴルだったのでしょうか?

大相撲のモンゴル人力士の活躍もあり、モンゴルでは日本の大相撲中継が人気です。

その影響などもあり、モンゴルでは年々、日本の服や文化への関心が高まってきています。

また実際にデールを制作した結果、伝統的な着物との共通点が多いことも判明したのです。

バイセルでは今後、モンゴル各地の衣料品店と交渉し、取り扱い店舗を300店にすることを、目指しています。

環境に配慮すると同時に、日本文化の継承にも繋がるサスティナブルな事業です。

 

※サスティナブルに関しましては

サステイナブルなファッションとは?

をご覧ください

 

そしてバイセルは、2019年12月18日に東証マザーズに上場する事を発表しました。

 

今回は、急成長している注目のリユース企業を取り上げてみました。

 

まとめ

日本は少子高齢化、今後も買取市場は拡大するが、国内競争は激化。

販売経路が海外へと向けられています。

買取品を新たな製品にして販売する、アップサイクルの需要は今後さらに高まって行くでしょう。

リメイクやアップサイクルなどが普及していけば、ゴミという概念のない未来が、見えてくるのかも知れません。

※リメイクに関しましては

リメイクファッションでサステイナブル!解説・ビフォーアフター

をご覧ください

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です