良く見かけるサステイナブル・ラベルをわかりやすく解説

皆さん”サステイナブル・ラベル”と呼ばれる、認証マークのついた製品を良く見かけませんか?

サステイナブル・ラベルとは、持続可能な原材料調達や環境・社会的配慮、生物多様性等に繋がるさまざまな 国際認証ラベルの事を言います。

ラベルには、それぞれ厳しい基準があり、第三者機関の定期的な審査をクリアした証です。

環境負荷を考え、大手ファッションブランドも、認証を受けたサステイナブルな素材を、積極的に取り入れ始めています。

そこで今回は、代表的なサステイナブル・ラベルについて解説してみたいと思います。

※サステイナブルに関しましては

サステイナブルなファッションとは?

をご覧ください

”良く見かけるサステイナブル・ラベルをわかりやすく解説”

国際フェアトレード「Fairtrade」

こちらは、国際フェアトレード(Fairtrade International)認証ラベル。

今、世界で最も認知されている、サステイナブル・ラベルのひとつです。

ちなみに、フェアトレード(FairTrade)とは直訳すると”公正な貿易”という意味。

 

開発途上国の原料や製品を、適正な価格で継続的に購入することや、人権や環境へ配慮すること。

また、公平で持続可能な生産と取引で作られたことを、第三者が認証した製品に付けられています。

国際フェアトレード認証ラベルの審査基準を見てみましょう!

1.生産者への適正な価格と長期的な取引

2.生産者の社会的・経済的な発展

3.生産物の品質と技術の向上

4.生産者の労働環境と労働条件(強制労働と児童労働の禁止)

5.生産地の環境保全(農薬使用、水質、森林、土壌の保全、廃棄物の扱いに関し国際規約を遵守)

以上5つを守ることが求められています。

 

どんな製品に国際フェアトレードラベルは付いているのでしょうか?

主にコーヒー、カカオやコットン製品、バナナやスパイス。

砂糖、ジャム、はちみつ、ごま、ワイン、豆類、 切り花、ボール類などがあります。

 

これらの商品が、安く買えるのは、消費者にとって嬉しいこと。

でも、生産者が劣悪な労働条件を強いられていたり、基準値を超えるような農薬を使用し、環境破壊していたら…

生産者の健康や生活、自然環境を守るエシカルな製品の証が、このフェアトレードなのです。

「GOTS」ゴッツ


こちらは「GOTS」ゴッツ”Global Organic Textile Standard”(グローバル オーガニック テキスタイル スタンダード)のラベルです。

ゴッツとは、繊維製品を製造加工するための国際基準。

 

オーガニック(有機栽培)のコットンやウール、麻、絹などの原料から、環境・社会面に配慮した方法で作られた繊維製品に付けられています。

ちなみにオーガニックとは、農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術を使わないなどの基準を満たし、栽培した農作物の事です。

GOTSの認証ラベルの審査基準を見てみましょう!

・原料の70%以上がオーガニック

・オーガニックな加工法

・遺伝子組み換え技術を使用しない

・水やエネルギーの使用や、廃棄物に 関しての目標設定

・動物実験はしない

・毒性の強い薬剤を使用しない

・安全で衛生的な環境で、搾取のない労働条件

・トレーサビリティー(製品の追跡可能性)が確保されている
などの基準があります。

つまり、原料の栽培から製品の製造、梱包、ロゴの使用、運搬、保管など。
製品が消費者に届くまでオーガニック商品であることが証明されています。

GOTS認証の製品を販売しているブランドは?

baby-baby (ベイビーベイビー)
https://www.babybaby-shop.com/?mode=grp&gid=2036150

PeopleTree (ピープルツリー)

「FSC®」エフエスシー

こちらはFSC®(Forest Stewardship Council)森林管理協議会の認証ラベルです。

 

森の動物や植物、そこで働く人たちに配慮し、将来も豊かな森を維持できるようにする。

また、適切に管理された森林木材から作られた事を、第三者が認証した製品に付けられています。

 

FSC®には、まず10の原則があります。

FSC®ラベルの原則を見てみましょう!

1.法律や国際ルールを守っている

2.働く人の権利や安全が守られている

3.先住民族の権利を尊重している

4.地域社会を支え、良い関係を築いている

5.様々な森の恵みを生かしそれらを絶やさない

6.豊かな森林の自然環境を守る

7.いろいろな意見を聞きながら森の管理を計画する

8.森や管理の状態を定期的にチェックする

9.環境や文化など、その森が持つ大切な価値を守る

10.環境に配慮した管理活動をきちんと実施している

この他に、70の基準があり、大きな問題がないと認められた製品に付けられいます。

 

どんな製品にFSC®認証ラベルが付いているのでしょうか?

ノートやトイレットペーパー、ティッシュ等の紙製品や繊維、木製品の建材や家具など。

 

そして現在、FSC®認証を得た木材を原料としたセルロース繊維を、大手ファッションブランドが積極的に取り入れています。

H&Mは2025年末までに、自社の製品に使用するセルロース繊維を、FSC®認証から優先的に調達を行うと宣言。

また、ステラマッカートニーでは、FSC®認証のスウェーデンの森林で採取した木から作られた、パルプをつかったレーヨンを選んでいます。

パルプはドイツに渡り、ビスコースの繊維に加工し、イタリアで生地に織り上げるという製造過程を把握。

また、サプライチェーンにおいても、森林破壊に関与しないことを示す、トレーサビリティを実現しています。

 

※人気有名人のブランドも、サステイナブルな素材を取り入れています!

サステイナブルなファッションを手掛ける!人気有名人のブランドは?

をご覧下さい

 

今回は、代表的なサステイナブル・ラベルについて解説してみましたが、いかがでしたか?

現在、SDGs達成率NO.1のスウェーデンでは、国民のサステイナブル・ラベルの認知度が、平均で90%以上と高く、さまざまな認証ラベルが普及しています。

日本ではまず、ひとりでも多くの人が、このラベルの重要性を、認識することが大切なのではないでしょうか。

 

※SDGs先進国のスウェーデンに関しましては

修理代など環境対策には軽減税率も!SDGs先進国のスウェーデン

をご覧ください

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です