今注目のサステイナブルファッションの素材を解説!

2020年8月、全国の15歳~49歳の男女1,000名を対象に実施された、サステイナブル素材に関する調査。

この調査で、約74%の消費者が、サステイナブルファッションを取り入れたいと、感じている事がわかりました。

その理由についてもたずねたところ、78.2%が「社会貢献に興味があるから」と回答。

社会貢献に対する意欲の高もわかりました。※2020年8月豊島株式会社調査より

そこで今回は、今注目のサステイナブルファッションの素材について解説したいと思います。

 

“今注目のサステイナブルファッションの素材を解説”

オーガニックコットン(植物繊維)

サステイナブルな素材として、最も認知度が高いオーガニックコットン。

オーガニックコットンは、遺伝子組み換えをせず、有毒な農薬や殺虫剤などの、化学物質を3年以上使っていない農地で栽培。

そして、第三者機関の認証を得た綿花のことを、オーガニックコットンと言います。

 

オーガニック栽培は、土壌の健全な活性化を促し、農薬などの化学物質による水質汚染がもたらす、環境負荷も軽減します。

そして、栽培する農家の人々の、健康被害も守る、サステイナブルな栽培方法です。

従来のコットンに比べ、消費エネルギーは62%と少なく、水の使用量も71%軽減できます。

素材の特徴としては、肌触りが優しく、洗濯しても繊維に弾力性があります。

 

ただし、このオーガニックコットンは、まだ世界で生産されるコットンの1%にも満たないのが現状です。

※オーガニックコットンのラベルにつきましては

良く見かけるサステイナブル・ラベルをわかりやすく解説

をご覧ください

テンセル®(再生繊維)

テンセル®は、ユーカリの木のパルプから作られる再生繊維です。

このパルプを溶剤で溶かし、糸にして紡いでいきます。

ユーカリの木の特徴は、大量の水を使わなくても成長が早く、耕地面積も少なくて済むこと。

大気中の二酸化炭素は、葉っぱが吸収し、新鮮な酸素を供給してくれます。

また、溶剤は再利用することができ、テンセル®は土に埋めておくと分解され、土に還る特徴があります。

水・化学薬品・エネルギーの使用量が、他の繊維よりも低いので、エシカルな素材とされています。

 

そしてテンセルは、自然から生まれ、再生・再利用が可能な繊維なので「再生繊維」と呼ばれていますが、洋服のタグには「指定外繊維」と表記されています。

テンセル®の素材の特徴としては、シルクのような光沢があり、見た目にも美しく、肌触りもやわらかいこと。

レーヨンより強く、水につけても膨張しません。

 

ちなみに、テンセル®とリヨセルは同じ繊維です。

テンセル®はイギリスのコートルズ社、リヨセルはオーストリアのレチング社で使用されていました。

その後両者が合弁し、ブランド名をテンセル®、総称がリヨセルとなりました。

 

再生ポリエステル(再生繊維)

現在、世界の衣料品の約60%がポリエステルで、年間約4000万トン以上も生産されています。

ポリエテルの原料である、石油への依存を削減するために、使用済のペットボトルを回収し、溶かして繊維にしたのが再生ポリエステルです。

そして近年では、複数の素材が混ざった衣料品から、ポリエステルのみを取りだし、リサイクルする事も可能になりました。

ポリエステル素材のジャケット700gをリサイクルすると、石油で3リットル、ペットボトルに換算すると約14本を節約できると言われています。

何度も再生すれば、製造段階の温室効果ガスの排出量も、削減することができます。

※再生繊維に関しましては

今注目のサステイナブルファッションの素材を解説!

をご覧ください

リサイクルウール(動物繊維)

リサイクルウールは、本来ならば捨ててしまう、生産過程から出る端切れや、余り糸などを原料として再生し、もう一度紡績を行い、使用したウール。

リサイクルウールを使用することによって、羊の健康や安全に及ぼす悪影響を排除できます。

また、リサイクルウールには、化学加工や染色を施す必要がありません。

バージンウールの場合、刈り取った新しい羊毛を化学薬品などで加工して染色します。

しかし、リサイクルウールの場合は、すでに染色された繊維を混合して、様々な色を作り出すこともできるのです。

バージンウールの代わりにリサイクルウールにするだけで、水、染料、化学薬品、エネルギーの消費量を大幅に削減できるのです。

ビスコース(再生繊維)

ビスコースはレーヨン素材の一種です。

この繊維の製造方法に由来する「ビスコース」という名前の由来は、 レーヨンとセロファン両方に使用される粘性有機液体からきています。

ビスコースは、ビスコース法によってつくられる、木材パルプに含まれている繊維質(セルロース)から作られた、再生繊維の一般用語です。

製造過程において、洗濯可能な素材にするため、化学物質での処理をしますが、廃棄物をほとんど生成しないので、環境に優しい繊維です。

 

今回は、サステイナブルな素材について解説してみましたがいかがでしたか?

天然資源をなるべく消費せず、環境や生産する人に配慮した素材のファッションが、今後のトレンドとなって行くでしょう!

※サステイナブルなファッションにつきましては

サステイナブルなファッションを手掛ける!人気有名人のブランドは?

もご覧ください

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です