1964年の東京オリンピックとファッション

前回の東京オリンピックは、今から56年前の1964年(昭和39年)10月に開催されました。

日本は高度経済成長期であり、東海道新幹線が開通したり、カラーテレビなどの家電が普及しました。

大卒の初年給は、2万1526円でビールが115円の時代です。

この年、日本ではどんなファッションが流行していたのでしょうか?

また、東京オリンピックで日本選手団が着ていた、赤いブレザーの誕生秘話にも迫ってみたいと思います。

 

平成のファッションに関しましは

※平成のファッションと流行を振り返る(前編)

をご覧ください

1964年、日本のトレンドファッションは?

アイビールックが大流行

東京オリンピックを控え、日本ではアイビールックが大流行。

アイビールックは、アメリカの8つの私立大学が1954年に設立した、フットボール連盟の「アイビーリーグ」が原点。

名前のアイビーは、大学のレンガ造りの校舎に生い茂る蔦が語源です。

そして、アイビーリーグの学生が着ていたファッションを「アイビールック」と名付けました。

アイビールックは、1950年代半ばから1960年代前半にアメリカで、大ブームになります。

彼らの象徴的なファッションアイテムが

・紺の3つボタンジャケット

・ボタンダウンのシャツ

・コットンパンツ、バミューダパンツ

・ローファーです。

アイビールックは上品で、スタイリッシュなアメリカン・トラディショナル(アメトラ)スタイル。

アイビールックの代表的なブランドは、J.プレス(J. Press)やブルックスブラザーズ (BROOKS BROTHERS)です。

そして、日本にもアイビールックを代表するブランドがあります。

 

日本で一世風靡した、アイビールックのブランドとは?

VAN JACKET INC.(株式会社ヴァン ヂャケット)

日本のファッションデザイナー兼、創業者の石津謙介氏のブランドです。

石津氏は、いち早く日本にアメリカンカルチャーを浸透させ、アイビールックの、火付け役となったブランドです。

 

東京オリンピックの年に創刊された「平凡パンチ」では、VANが度々取り上げられ、一気に知名度をあげていきます。

その後、VANの対抗馬として登場したのが、ヨーロピアンテイストのJUN(ジュン)です。

 

このブームに影響を受けた若者が、1964年の初夏に、銀座みゆき通りに出没し始めます。

彼らは「みゆき族」と呼ばれ、そのオシヤレなスタイルが、マスコミなどで話題となります。

みゆき族の男性のファッションは、アイビールックを着崩したような丈の短いコットンパンツや、バミューダショーツ。

女性はブラウスにロングスカートで、首や頭にネッカチーフを巻き、足元はぺたんこ靴。

そして男女共に、ヅタ袋を脇に抱えるコーディネートが人気に。

独創的なファッションの若者が、土日のみゆき通りには、1日200人~300人集まっていました。

 

みゆき族が注目される一方で、銀座のイメージが崩れるなど、近隣の店からの苦情が増えていきます。

東京オリンピックを1か月後に控え、築地警察署は風紀向上対策として、一斉取り締まりを決行。

みゆき族のブームはわずか半年で、終息してしまいました。

 

その後VANの売上げは、最盛期の1975年に、年商約452億円を記録しますが、ブームの終息と共に1978年には倒産。

しかし1980年には、新たに株式会社ヴァンヂャケットを設立します。

近年は、VANの復刻盤アイテムなどが話題となり、ブームが再燃しています。

 

※2019年のファッションに関しましては

2019年のファッションニュースランキング

をご覧ください

1964年、東京オリンピックの赤い公式ブレザーの誕生秘話

1864年東京オリンピックの日本選手団の公式服装はブレザーが赤、帽子とズボン・スカートが白という鮮やかな『日の丸カラー』

東京オリンピックの公式ブレザーをデザインしたのは、東京·神田で紳士服店を営んでいた、望月靖之氏。

望月氏はヘルシンキ、メルボルン、ローマのオリンピックと、日本選手団の公式ブレザーを担当した人物。

しかし、ヘルシンキから提案していた、日本のナショナルカラーの赤いブレザーは、すべて却下されていました。

なぜなら当時は、日本人男性が赤い色の服を着るのはおかしいと、反対意見が多かったからです。

東京オリンピックでは、望月氏の長年の熱意がようやく伝わり、赤のブレザーに決定。

 

生地作りを担当したのは、1879年(明治12年)創業の、繊維製造会社のダイドーリミテッド。

当時ダイドーの社長は、生地のマス見本の約3000種類を試し、通常の赤より4倍のコストがかかる、朱赤の色を出しました。

また、国立競技場まで出向き、秋空や競技場のアンツーカーの色、芝生の色との見映えまでを入念にチェック。

時間と労力を注ぎ、この鮮やかな赤いブレザーが誕生したのです。

一方の望月氏も完璧なブレザーを目指し、日本各地の老舗テーラーの職人70人を集めます。

そして代表選手ひとりひとりの寸法を取り、仮縫いをし縫製しました。

 

海外では既製服が支流の時代に、日本のオーダーメイドなんて古臭いし、時代遅れなどの批判もありました。

しかし望月氏はあえて、伝統的なスタイルに拘り、日本の文化や技術を集約させ世界にアピールしました。

結果的には、後世に語り継がれる斬新で印象的な、日本のブレザーとなりました。

2020年の東京オリンピックの公式ブレザーのデザインは?

製作は公募で選ばれた紳士服のAOKIが担当。

デザインのコンセプトは「ニッポンを纏う」です。

「東京2020大会の価値の発信」

「歴史と伝統の継承」

「国民との一体感」を表現。

オリンピック・パラリンピックともに「共生」という共通のテーマで製作したそうです。

 

今回は、1964年の東京オリンピックの年に流行したファッションと、オリンピックのユニフォームの製作秘話をお伝えしました。

 

オリンピックのユニフォームには、その国の文化や愛国心など、様々な思いが込められています。

東京オリンピックでは、各国のユニフォームにも着目して、観戦を楽しんで下さいね!

業務のご案内
服のお直しでお困りではありませんか?
フリュードではファッションのリペアやリメイクを全国から承っております。
業務についてのご案内は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です